ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マインツの旅~ドイツ三大大聖堂とシャガールのステンドグラスに会いに~

マインツ12

黄金のマインツとうたわれた宗教都市

マインツ1

ドイツ中西部に位置するマインツは、ラインラント=プファルツ州の州都。フランクフルトからも近く、古くから重要な交易拠点として栄えてきました。

8世紀に「ドイツ人の使徒」と呼ばれるボニファティウスが司教に就任してからは、ドイツで最も重要な宗教都市に。大きな権力をもつ司教都市として栄え、「黄金のマインツ」とうたわれました。

マインツ2
活版印刷を発明したグーテンベルクの生誕地としても有名。街の中心には、グーテンベルクの像が誇らしげに立っています。

ドイツを代表する大聖堂

マインツ3
マインツの代名詞ともいえるのが、「ドイツ三大大聖堂」にも数えられる大聖堂。古典的な力強さをもつ重厚な姿は、名実ともにマインツのシンボルです。

マインツ4
マインツ大聖堂の建設が始まったのは、975年ごろのこと。その後、増改築を繰り返すなかで各時代の建築様式を採り入れてきたため、ロマネスク様式をベースにしながらも、ゴシック様式やバロック様式が混在する建造物となりました。

マインツ5
後の時代に建てられた大聖堂に比べると、内部は簡素で「質実剛健」という形容がぴったり。高い天井と太い柱が印象的で、精巧な司教の彫像は、かつての彼らの権力の大きさを物語っています。

マルクト広場

マインツ6

大聖堂の前に広がるのが、マルクト広場。「市の立つ広場」という意味で、毎週火・金・土曜日の7~14時頃には朝市が開かれ、中世の商業都市のにぎわいがよみがえります。

マインツ7
地元産の野菜や果物に加え、ハチミツやワインなども出店されるので、ローカルなお土産を見つける絶好の機会。売り手とのコミュニケーションを楽しみながらのショッピングは、素敵な旅の思い出になりそうです。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき