ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いすゞエルガ エルガミオを改良、ドライバー異常時対応システムEDSSを全車標準装備


いすゞは、大型路線バス「エルガ」、中型路線バス「エルガミオ」を改良し、6月11日から販売を開始した。
価格は2089万9000円〜2507万6000円。目標販売台数はエルガシリーズ全体で年間800台。
今回の改良では、ドライバー異常時対応システム EDSS(Emergency Driving Stop System)とBOA(ブレーキ・オーバーライド・アクセラレーター)を全車に標準装備。高度 OBD にも対応させた。
ドライバー異常時対応システム EDSS は、走行中、ドライバーが急病などで安全に運転できない状態に陥った場合、乗客や乗務員が非常ブレーキスイッチを押すことで、減速して停止させる機能。
◆国産初の連接バス、ドライバー異常時ボタンから緊急停止までの5秒【動画】
https://tetsudo-ch.com/7758902.html
スイッチが押されると車内では音声アナウンスと赤色フラッシャーランプにより、異常時であることを乗客に伝達。
さらに、車外にはホーンを鳴らし、ハザードランプとブレーキランプを点滅させて異常事態を知らせる。
路線バスの運行上必要となる立席の乗客の安全性に配慮し、観光バス用EDSSとは異なるブレーキ制御に。
また、BOA(ブレーキ・オーバーライド・アクセラレーター全車標準搭載や、AMT(自動変速マニュアルトランスミッション)の性能向上、ストップ&テールランプのLED化、排出ガス性能にかかわる装置の故障診断の要件強化した高度OBDなどが追加された。

関連記事リンク(外部サイト)

eスポーツに自動運転、AI専攻も新設した埼玉工業大学_オープンキャンパスは6~8月の日曜日 全6回開催
25年ぶりにジェットフォイル建造!
うーわなにこれっ!? 浅草ペリカンが三軒茶屋に! 軒先レストランを活用

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき