ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

アジア最大&最新鋭! 横浜初寄港の巨大客船“スペクトラム・オブ・ザ・シーズ”を船内見学レポート

6月10日、アジア地域で就航している客船としては最大となる巨大客船が、初めて横浜港に来航した。その名は“スペクトラム・オブ・ザ・シーズ”。クルーズライン最大手のロイヤル・カリビアン・インターナショナルが今年4月に完成させたばかりの最新鋭船で、同社が所有するクァンタム級の4番目の船となる。

『スペクトラム・オブ・ザ・シーズ』スペック
全長:347メートル
全幅:41メートル
喫水線からの高さ:63メートル
総トン数:16万9379トン
喫水:8.8メートル
巡航速度:22ノット
客室数:2137部屋
乗客定員:4246人
乗員:1551人
推進:アジポッド2×20.5MW/バウスラスター4×3500kW
船籍:バハマ

全長は東京タワーを横に倒したよりも長く、総トン数はライチ560億個分!……って言われてもサッパリ分かんないけど、なんかすごい! そんなアジア最大の最新鋭船が初めて日本にやって来ると聞いて、心ときめかない男子がいるだろうか? というわけで、10日に横浜港にやって来たこの巨大客船を、大きなものが大好きな5才児(おっさん)の視点でレポートしちゃうゾ。

船体:16階建ての巨大マンションが浮かんでる!?

6月3日に上海で命名式を終えたばかりのスペクトラムが大坂・神戸を経由して横浜初寄港。横浜ベイブリッジをくぐれないほど大きいため、今年4月にオープンした大黒埠頭客船ターミナルに接岸。岸壁から見上げた印象は船というよりも高層マンションだね、こりゃあ。外観のインパクトは、昨年8月に横須賀で空母ロナルド・レーガンを見た時以上かもしれない。なお、本船は2020年に開業予定の東京国際クルーズターミナルの開業第1号船(7月14日入港予定)に決定しているそうだ。

あいにくどしゃ降りの雨で、ゆっくり外観を撮影する時間がなかったので橋の上を走るバスからの写真でお茶を濁す。かまぼこ型のテントのようなところが客船ターミナル。出入国審査と税関の職員がいて、取材記者も含め乗船客はパスポートの確認と持ち物検査を経なければならない。さらに乗船時にも、首から提げるICパスカードと顔認証、持ち物のX線検査によるセキュリティチェックがある。日本の米軍基地に入る時よりも厳しいゾ! 残念ながら当日は満室だったため、どこも客室内の撮影はできなかった。

船の中に大通りが!? ティファニー、カルティエ、ブルガリといった高級ブランドの免税店が軒を連ねる4階・ロイヤルエスプラナード。廊下や階段の壁面にはそこかしこに絵画や彫刻のような美術品が飾られている。きっと名のある芸術家の作品なんだろうね。筆者は5才児だからちょっと分かんないけど。

乗客用だけで16基もあるエレベーター。5階から15階までは吹き抜けになっている。船の構造は全16階層で、3~5階がレストランと商店、それに劇場やカジノなどの娯楽施設。6~12階が普通客室。13~16階がスイート客室とVIP専用レストランと、プールや運動場などの娯楽施設が集まっている。

動画:MEYER WERFT – Der Bau der Spectrum of the Seas(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=iMryDexveco


ドイツの造船所が公開したスペクトラム造船のハイライト動画。巨大なスクリューとか、前後のパーツを合体させるところとか、すべてが興味深い。このスペクトラムはアジア最大だが、カリブ海にはこれよりさらに6万トンも大きい世界最大のオアシス級が就航している。

食事:フルコースが食べ放題!

最も揺れが少ない船尾にあるメインダイニングは3階から5階までが広い吹き抜けになっていて船内だということを忘れそう。朝・夕、各2回の入れ替え制で、一部の追加メニューとアルコールドリンク以外はフレンチ、中華などのフルコースが基本的に食べ放題。船内にはここを含めて全17のレストランがあり、うち9店は追加料金なしで利用できる。他の8店はパスカードに料金が記録され後でクレカもしくは現金で精算することに。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき