ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いすゞ日野共同開発 ハイブリッド連節バスの名称や価格が明らかに


いすゞと日野が共同開発した、国産初のハイブリッド連節バス。その名称や価格が両社から発表された。
このハイブリッド連節バスは、国内の道路事情を踏まえた車両寸法にし、効率的な大量輸送を実現させるモデル。
路線バスでは世界初の「ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)」を搭載する。その名や価格は、いすゞと日野でそれぞれ異なる。

いすゞはエルガデュオ、日野はブルーリボン ハイブリッド 連節バス



国産初のハイブリッド連節バス、いすゞ版の名は「エルガデュオ」、日野版は「日野ブルーリボン ハイブリッド 連節バス」に。
エルガデュオの名の由来は、いすゞの路線バスシリーズを表す「エルガ」に「2つ」を表す「デュオ」を加えたかたち。連節バスの2つの車両と、少ない乗務員で大量乗車が可能という2つのメリットをイメージする名前に。
価格はいすゞエルガデュオが税抜き8780万円。日野ブルーリボン ハイブリッド 連節バスが8800万円。
◆国産初のハイブリッド連節バス、いすゞ日野が共同開発
https://tetsudo-ch.com/7642279.html
◆【諸元表】いすゞ日野共同開発、国産初のハイブリッド連節バス
https://tetsudo-ch.com/7666273.html
◆国産初の連接バス、ドライバー異常時ボタンから緊急停止までの5秒【動画】
https://tetsudo-ch.com/7758902.html





関連記事リンク(外部サイト)

うぉっマジか! 東海道新幹線の駅によくあるベルマートキヨスクの淹れたてコーヒーが刷新してうまくなったとか!
プッシュ通知で列車の遅延情報が届く JR東海とJR西日本がEXアプリ利用者向け新サービスを提供 6月22日以降開始予定
東京初、京成ドライビングスクールが Objet で企業むけ安全運転講習

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき