ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

阪神 神戸三宮駅 1番3番線に可動式ホーム柵、2番線になぜホーム柵をつけないか?



阪神 神戸三宮駅のホーム外側に、可動式ホーム柵が出現。
阪神電鉄は、神戸三宮駅の1番線(梅田方面)と3番線(元町方面)に可動式ホーム柵を、2021年春までに設置する。
可動式ホーム柵は、大開口(二重引き戸)型。一部の範囲は従来(一重引き戸)型も設置する。
2面3線の神戸三宮駅、まんなかの線のホームドア設置はなぜ計画がないか。
この2番線は、阪神の車両と近鉄の車両が停車し、それぞれ扉位置が一定ではないため、現時点では可動式ホーム柵の設置が技術的に難しい。同社は今後も設置にむけた検討を継続していくという。

関連記事リンク(外部サイト)

叡山電車「ひえい」 6月25日に”食の魅力”体験トレインを1日限定運行
阪堺電気軌道 路面電車まつり、6/8あびこ道車庫で開催_部品販売もやる
懐かしのツートンカラー復刻! 山陽電鉄の3000系電車が昭和の姿で走ります 貸切イベントもあるよ

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき