ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【レベルス】一夜明け日菜太「若い選手に引っ張られ過ぎないように」大野貴志「コイツとやるのか」

【レベルス】一夜明け日菜太「若い選手に引っ張られ過ぎないように」大野貴志「コイツとやるのか」
激闘だったことが伺える表情の日菜太

 6月10日(月)都内にて、9 日(日)東京・後楽園ホールで開催された『REBELS.61』の一夜明け会見が行われた。
 会見に登場した日菜太(32=クロスポイント吉祥寺)は、第5代SB日本スーパーウェルター級王者・坂本優起(34=シーザージム)を判定で下した試合を振り返り、反省しきりの表情を見せた。
 6週間前に右ふくらはぎの肉離れ、1週間前に左足も肉離れを起こしたという日菜太。強く蹴ることができない左の蹴りを捨て、パンチで勝負することを決めたと明かした。しかし「自分のパンチがもっと強いと思っていたんですけど、思ったより弱かった」と、自らは蹴りの選手であることを改めて実感したという。
8月の大一番に向けて慎重な調整をしたいという日菜太(左)

 8月には「KNOCK OUT」において、元ラジャダムナン三階級王者ジョムトーン・チュワタナ(29=タイ)との一戦が決定しており、そこに向けて体のケアをしていきたいという日菜太。多少の負傷は「昔は1週間、10日も休めば治った」というが、30代になり体の変化を感じているという。ベストコンディションで試合に臨むため、「若い選手のすごい練習に引っ張られ過ぎないようにしたい」と、ベテランらしい「引き算」の調整法でコンディションを整える構えだ。
 木谷キックスロードオーナーへ直訴した来年頭の新日本プロレス東京ドーム大会出場に向け、8月の完勝はもちろんのこと、必要なら「査定試合をもう1試合してもいい」と、出場に向け全力を尽くすという日菜太。夢の舞台への出場に向け、8月の完勝を誓う。
豪打のKING強介を下し、8月のKNOCK OUTへの出場権を手にした大野

 また、8月に開催される「MTM Presents 初代KING of KNOCKOUTスーパーバンタム級王座決定トーナメント」への出場権を懸けた一戦に勝利した大野貴志(29=士道館新座ジム)が会見に出席。
 REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者のKING強介(ロイヤルキングス)を3-0の判定で破った試合を振り返り、「今はホッとしたとしか出てこない」と、激闘を終え安堵した様子を正直に見せた。変則的な構えのKING強介からダウンを奪った1ラウンドの左フックは「絶対に合わそうと思っていた」との狙い通り。カウンターに恐怖心があったというが、「怖がっている試合は自分ではない」との信念を貫いたことが結果につながったと語った。
大野(左)はこの勝利で8月のKNOCK OUTでの江幡塁との対戦が決定

 8月に対戦が決まった江幡塁とリング上で向き合ったときには「コイツとやるのか!」と気持ちが高揚したという大野。江幡との戦力差は「実力の120%を出しても勝てるかどうか」と自己分析するが、キューバ人のボクシングトレーナーに磨かれたというパンチが「1発当たれば倒れる」という自信もある。
 自ら不利と予想する一戦だが、大野は「反逆のアンダードッグ」のキャッチコピー通りに「皆さんと自分の考えを覆して、本当にベルトを巻きたい」と一世一代の大物食いを狙う。

関連記事リンク(外部サイト)

【レベルス】芸人ユリオカ超特Qがキック初実況「これは闇営業じゃない」
【レベルス】王者となった鈴木宙樹「自分がREBELSを世界に持っていく」
【レベルス】美女キックボクサー ぱんちゃん璃奈が3戦目、ハム・ソヒの妹分パク・シウと対戦

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき