ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【K-1】鷹大、フェザー級トップファイターの小澤戦は「人生のターニングポイント」

【K-1】鷹大、フェザー級トップファイターの小澤戦は「人生のターニングポイント」
ムエタイ仕込みの強烈なパンチを叩き込む鷹大(右)

 6月30日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」。同大会のスーパーファイト(フェザー級、-57.5kg契約)で第2代K-1 KRUSH FIGHTフェザー級王者・小澤海斗(25=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)と対戦する鷹大(27=WSRフェアテックス西川口)が10日(月)、都内所属ジムにて公開練習を行った。
 鷹大は今年4月のK-1 KRUSH FIGHT後楽園大会で、三輪裕樹をパンチでマットに沈めると「強いヤツなら誰でもいいので、どんどんやらせてください」とアピール。K-1初参戦となる今大会では、フェザー級のトップファイター・小澤海斗と雌雄を決することになった。
 その注目の一番に向けた公開練習で鷹大はミット打ちを敢行し、ムエタイ仕込みの鋭いキックとシャープかつパワフルなパンチを披露。そして、現在のコンディションについては「疲れは溜まってきていますが、だいぶ良い感じです。当日は100%に仕上げられそうですね」と好調ぶりをアピール。 
 K-1が現体制になって以降、ウィラサクレックジム所属の日本人選手として、初の本戦出場を果たす鷹大。「その反響は大きいですね、相手も相手なので。小澤選手もプレッシャーはあると思うのですけど、僕もプレッシャーはあるので負けられないです」と周囲の期待の高さを踏まえ、必勝を誓う。
 対戦カードの発表会見では、小澤に「誰だよこいつ?って感じなのですけど」と挑発的な言葉を向けられたが、「ウチの会長がずっと根に持っているみたいです。僕より周りのほうが怒っていますね、小澤選手があんなこと言うから(苦笑)。がんばるしかないです」と苦笑いを交えながらコメント。
 同じ会見で小澤戦について「人生のターニングポイントだと思うので、これに勝って人生を変えたい」と意気込みを述べた鷹大は、あらためて「K-1はブランド。ムエタイを知らない人もK-1は知っていて、僕の周りでも観にきてくれる人がいるので」と千載一遇のチャンスに向けて気合いを示す。 
 小澤の「ファイトスタイルはガラッと変わったなって思います。知的に戦っていますね。会見で『勝つことが全て』と言っていたので、それが試合に出ているのが観ていてわかります。手堅い試合をしてくると思いますけど、そこは楽しみです」と冷静に分析。
 自身は「やっぱりインパクトを残すのが大事です。SNSでも『小澤の相手は誰?』という意見は見たので、インパクトを残さないといけないと思います」と決意を示し「会場がでかいので、その雰囲気に呑まれなければ(大丈夫です)」と意気込んだ。
 また、ムエタイとK-1での練習方法は「全然違います。ヒジも首相撲もないと距離感が違うので、ミットの距離も変えてやっています」と練習もK-1仕様にし、「K-1の選手は蹴りに慣れてない印象があります。ゲーオでもゴンナパーでも、蹴りで相手の腕を壊したりするので、蹴りはムエタイのほうが凄いと思います」と、ムエタイファイターとしての自信も垣間見せた。
 

関連記事リンク(外部サイト)

【K-1】王座防衛に臨むゲーオ「40歳ぐらいまで試合をやりたい」、瑠輝也得意の二段蹴りは「見たことがない」
【K-1】不可思がK-1初参戦に向け、武尊にジョークのジャブと安保への回答
【K-1】大沢文也、里見の世代交代宣言に「あんまりナメてると本当沈めるぞ」

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき