ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ターミネーター』の主役がシルベスター・スタローンだったら?

映画好きの人であれば、「この映画の主人公が〇〇ではなく、△△だったらどうだったんだろう?」という妄想をしたことが1度や2度はあると思います。『スカーフェイス』の主役がアル・パチーノではなく、ロバート・デ・ニーロだったら、これほどの傑作になっていただろうか、などと考えてしまうことってありませんか? 『ターミネーター』の主役がシルベスター・スタローンだったら? とか。

Terminator 2 starring Sylvester Stallone [DeepFake](YouTube)
https://youtu.be/AQvCmQFScMA

まさに「『ターミネーター』の主役がシルベスター・スタローンだったら?」、という妄想を具現化した動画が『YouTube』で公開され、話題となっています。

全裸で登場したターミネーターが、チンピラから服を奪うシーンで、アーノルド・シュワルツェネッガーの顔が、シルベスター・スタローンに入れ替わっています。なにげに違和感ないですね。あるとすれば、どの映画でもよくしゃべるスタローンが無口なところでしょうか。


https://twitter.com/TheSlyStallone/status/1136879058191572992
この動画を見たスタローン本人は、「素晴らしいし、面白いし、クリエイティブだ。でも、なんで曲がった口のターミネーターなんだ?」と多少自虐気味のコメント。

スタローンの公式『Twitter』には、「ランボーを演じるシュワルツェネッガーも観てみたい」、「『ラスト・アクション・ヒーロー』ではこうだったな」、「ロッキーがターミネーターかよ」、「アーノルドのロッキーも面白そう」、「曲がった口が大好きだけどね」、「ターミネーター・ランボー対ターミネーター・コマンドーってどう?」、「エイドリア~ン、また戻ってくる(Yo Adrian. I’ll Be Back )」といったコメントが寄せられています。

『プレデター』のダッチ役はランボーっぽいので、スタローンでも違和感全くなさそうですけどね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=AQvCmQFScMA

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき