ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

はあちゅうさん「繊細チンピラの言い分をどこまで聞くのか」阪急電鉄の「毎月50万円もらって」等の車内広告とりやめに

6月より、阪急電鉄の企画列車「ハタコトレイン」に「はたらく言葉たち×阪急電鉄」という車内広告が掲示された。

「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。 研究機関 研究者/80代 」
「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。 外食チェーン 経営者/40代 」

といったような「様々な業界・世代の働く人々の思いを紡いだ言葉集」が掲示されていたのだが、SNSを中心に批判が殺到し炎上ともいえるような状態に。6月10日、阪急電鉄は広告のとりやめを決定した。

関連記事:「キツすぎる」「地獄かよ」 阪急電鉄の車内広告「(月給)30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がない」で物議
https://getnews.jp/archives/2165721[リンク]

6月11日、作家でブロガーのはあちゅうさんは『Twitter』にて

この類のクレームでとりやめとは…

30万、50万って、イメージしやすい金額だと思うけどなぁ…。

繊細チンピラの言い分をどこまで聞くのか

と、『Yahoo!ニュース』に配信された毎日新聞の
阪急電鉄「働き方啓蒙」中づり広告「月50万円」に「不愉快だ」など批判、掲示とりやめ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000052-mai-soci[リンク]
という記事にリンクを貼り、記事中の

乗客らから「30万円という例示があるが、私の給料はそんなに高くない」

「やりがいと生きがいを前面に出していて不愉快」

という部分を引用してツイートを行った。

ちなみに、「繊細チンピラ」とは……

「繊細な自分」を傷つけないように他人に要求するチンピラを指すネットスラング。
小野ほりでいが命名。
「自分に欠けている何かを持っていることに無自覚な他人の発言を勝手に自慢と受け取って激昂する人」と定義されている。
(※はてなキーワードより)

とのこと。
参考:ネットの進化とともに増加する”繊細チンピラ”とは?
https://ch.togetter.com/2013/09/12/3445[リンク]

最近は「チンピラ」からランクアップしたのか「お気持ちヤクザ」といった言葉もしばしば目にするようになって来た感もある。

はあちゅうさんは、前述のツイートの後に

どんな表現も人を傷つける可能性はあるわけで…。

私は旦那観察日記に「パートナーがいる人を見るのがつらいのでやめてください」ってきたことある。

広告は目に入ってくるから仕方ない部分があるけど、不快ならどうか見ないでくださいの領域。

と続けていた。

これらのツイートに対し、

「あたかも30万が大した額ではない、のような書き方をされて、満員電車でこの広告を見ながら、必死に働いてもそこにすら満たないならどんな気持ちを持てばいいのか、と思った人は多いと思います。 鼓舞するというよりは、人によっては自信を削られてしまう広告ですよね」

「この広告の意図が分からないのではなく、30万が一般的に現実離れしつつある金額なんですよ。 一部の大手企業とか儲かってる会社とかでない限り多くの会社で30万は出ない。 20代、公務員も手取り20万ないです。 電車などの公共の広告で、この件については惨めに感じる層が多すぎる気がします」

「はあちゅうさんの読者なので、チンピラ扱いはされたくないけど、残念ながら私には50万も30万もイメージしづらいです。 自分たちの収入からかけ離れているので。 ただ、全て取り止める必要まではないと思います。そこにかけた時間や費用の無駄になるので」

「異論や反論が出ることは、製作者も鉄道会社も想定内のはず。 ただし、この広告を起点として、建設的な議論が日本中でなされれば大成功だと、僕は思うんです。 どんなにクレームが来ようとも、毅然とした態度で、今からでも掲示を再開して欲しい。 日本にバカは多くないのだと、皆で信じ合うためにも」

といった返信が寄せられるなどして、議論になっていたようだ。

一方で、中には

「SNSチンピラのはあちゅうさんは、黙っといた方がいいと思います」

といった返信も寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき