ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

明治村「るろうに剣心」イベントに刀匠・尾川兼國作「逆刃刀」が出品

明治村「るろうに剣心」イベントに刀匠・尾川兼國作「逆刃刀」が出品

 博物館明治村(愛知県犬山市)で2019年8月1日から、和月伸宏の人気漫画「るろうに剣心─明治剣客浪漫譚─」「るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─」と連動した各種イベントの開催が決定。特別展には刀匠・尾川兼國製作の「逆刃刀」が出品されます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「るろうに剣心」は、明治時代を舞台にした物語で1994年から1999年にかけて「るろうに剣心─明治剣客浪漫譚─」が週刊少年ジャンプ(集英社)で連載。そして2017年からは新シリーズ「るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─」がジャンプスクエアで連載されています。

 博物館明治村で8月1日から12月15日(予定)にかけて行われる連動イベントでは、作品の世界観を通して、明治時代の魅力を広く伝えることを目的に行われます。

 8月1日からの特別展では、目玉となる展示として、関伝日本刀鍛錬技術保存会所属の無鑑査刀匠・尾川兼國が製作する「逆刃刀(さかばとう)」が出品。逆刃刀は、「るろうに剣心」の主人公の緋村剣心(ひむら けんしん)が作中で所持している刀ですが、「逆刃刀」が真剣として公式な許可を得て製作されるのは、今回のイベントが初となります。

 「るろうに剣心」ファンのみならず、刀剣ファンも注目するであろう今回のイベント詳細は、決定次第、随時発表予定となっています。

■博物館明治村×るろうに剣心 連動イベント(タイトル未定)
期間/2019年8月1日(木)より12月15日(日)(予定)
主催/博物館明治村(愛知県犬山市内山1番地)
企画協力/株式会社 集英社

(C)和月伸宏/集英社
情報提供:博物館明治村

関連記事リンク(外部サイト)

「NARUTO」の全てが集結 ジャンプ掲載20周年記念イベント幕張メッセで開催
「国会議員のうんこを再現」 個性的マニフェスト続々の「週刊少年チャンピオン」50周年記念企画が始動
世紀末ラグビー伝説!?東京都武蔵野市が「北斗の拳」コラボでラグビーイベントを告知

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき