ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【RISE】15連勝中の鈴木真彦が、イタリアの世界王者と対戦決定「RISEは那須川天心だけじゃない」

【RISE】15連勝中の鈴木真彦が、イタリアの世界王者と対戦決定「RISEは那須川天心だけじゃない」
快進撃を続ける鈴木が、地元で世界王者と対決

 7月21日(日)エディオンアリーナ大阪にて開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA』の追加対戦カードが決定した。
 第7代RISEバンタム級王者・鈴木真彦(22=山口道場)が、WKN世界フライ級(53.5kg)王者エマヌエル・テッティ・メニチェッリ(24=イタリア)と対戦する。-55kg契約(3分3R・延長1R)での一戦となる。
 これで大阪大会の全カードが決定した。
前戦、フック連打でKOした鈴木

 鈴木は卓越したパンチの技術と強打でWBCムエタイ、DEEP☆KICK、HOOST CUP、INNOVATIONでタイトルを獲得してきた実力者。2015年8月には、『BLADE』の-55kgトーナメント一回戦で那須川天心戦に敗れて以降、15連勝と負け無しの快進撃を続けている。
 昨年行われた第7代RISEバンタム級王座決定トーナメントでは、決勝で結城将人(31=TEAM TEPPEN)をTKOで破り、王座を獲得。今年の3月大会では韓国のMAX FC王者を1Rでマットに沈めた。
 対するテッティはWKNの推薦選手で、世界王座を獲得したばかり。WAKOイタリア54.5kg級王者でもあり、戦績は44戦31勝11敗2分(4KO)とキャリアでは鈴木を上回る。
2015年8月、BLADEトーナメント1回戦で那須川天心(右)と対戦した鈴木(左)

 鈴木はコメントで「みんな気持ちの見える試合をしてくれると思うんで、僕も倒しに行きます。RISEは那須川天心だけじゃなくて他にもいろんな選手いますし、僕にも注目してもらえたらなと思います。わかりやすく倒すんで見といてください」と地元大会でのKO勝利を約束した。

 

関連記事リンク(外部サイト)

【RISE】”働きすぎ”の那須川天心、準決勝・スアキム戦でもKO勝利狙う「格闘技を広めるのが仕事」
【RISE】新設女子TにKNOCK OUTのエース小林愛三、J-GIRLS王者・寺山日葵が参戦決定
【RISE】現フェザー級王者・工藤政英が、大雅をKOしたタリソンと激突

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき