ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【ONE】那須川天心と激闘演じたロッタンvs王者ハガティのタイトル戦がついに決定、日本選手は4名が出場

【ONE】那須川天心と激闘演じたロッタンvs王者ハガティのタイトル戦がついに決定、日本選手は4名が出場
ロッタン(左)と王者ハガティ(右)のタイトルマッチが決定

 8月2日(金)、フィリピン・マニラのモール・オブ・アジア・アリーナにて開催される『ONE: DAWN OF HEROES』の対戦カードが発表された。
 メインでは昨年7月、那須川天心と激闘を繰り広げたロッタン・ジットムアンノン(21=タイ)がONEフライ級ムエタイ世界タイトルマッチにて王者ジョナサン・ハガティ(22=英国)に挑む。
上からの左フックをムエタイレジェンドのサムエーに叩き込むハガティ

 ハガティは英国の天才ストライカーと呼ばれ、2016年にISKAムエタイ世界スーパーフェザー級王者となり、今年1月のONEに初参戦し、元WBCムエタイ世界スーパーバンタム級暫定王者のヨゼフ・ラシリにヒジ打ちでダウンを奪うなど圧倒し判定勝利、2戦目となる5月2日のジャカルタ大会では、ルンピニースタジアム二階級王者でONEムエタイフライ級王者だったサムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)と対戦し、2度のダウンを奪い早くも新王者となった。
 ムエタイのレジェンドを破ったハガティは「次はロッタンとやりたい」とリング上で初防衛戦の相手を指名。
 その8日後の5月10日、バンコク大会で2RでTKO勝ちしたロッタンは勝利後のインタビューで「チャンピオンのハガティとやりたいか」という質問に「私は世界タイトルを取ることが夢でした。ですので、すぐにタイトル戦に向かいたい」と王座挑戦に意欲を示した。
那須川がどれだけ攻撃してもどんどん前に出て手を止めないロッタン(左)

 ロッタンは強烈なパンチと打たれても下がらず、最後まで決して折れない気持ちの強さを持ち味とする。一方王者サムエーは多彩な技でアグレッシブに攻め続けるのが特徴で、サムエー戦で飛び膝蹴りからの右ストレートでダウンを奪ったシーンが印象的。両者の激しい試合が予想される。
 また、ONEフライ級ワールドグランプリ準決勝2試合と、ONEライト級ワールドグランプリ準決勝1試合が行われ、その他ワンマッチも含め日本人選手4名の出場が発表された。
・ONEフライ級(61.2kg)ワールドグランプリ準決勝 MMAルール
デメトリアス・ジョンソン(アメリカ/元UFC世界フライ級王者)vs和田竜光(フリー/DEEPフライ級王者)
・ONEフライ級(61.2kg)ワールドグランプリ準決勝 MMAルール
ダニー・キンガド(フィリピン)vsカイラット・アクメトフ(カザフスタン/元ONE世界フライ級王者)
・ONEライト級(77.1kg)ワールドグランプリ準決勝 MMAルール
ホノリオ・バナリオ(フィリピン/元ONE世界フェザー級王者)vsティモフィ・ナシューヒン(ロシア/FILAパンクラチオン世界選手権優勝)
・MMAルール ライト級(77.1kg)
エドワード・フォラヤン(フィリピン/元ONE世界ライト級王者)vsエディ・アルバレス(米/元UFC世界ライト級王者&元ベラトール世界同級王者)
・MMAルール フライ級(61.2kg)
リース・マクラーレン(オーストラリア)vs若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)
・MMAルール バンタム級(65.8kg)
レアンドロ・イッサ(34=ブラジル)vs竹中大地(パラエストラ和泉/元修斗環太平洋バンタム級王者)
・MMAルール 女子ストロー級(56.7kg)
三浦彩佳(TRIBE TOKYO M.M.A)vsサマラ・サントス(ブラジル)
・ONE スーパーシリーズ ムエタイ バンタム級(65.8kg)
ネウグラレック[Neunglanlek]・ジットムアンノン(タイ) vs クリス・ショー(英国/ISKAムエタイ ライト級ヨーロッパ王者)

関連記事リンク(外部サイト)

【ONE】ミーシャ・テイトが副社長としてONEを普及、来日し6月12日に格闘技教室を開催
【ONE】”怪物くん”鈴木博昭の手が出ず、ムエタイ王者の右ミドルに完敗
【ONE】青木真也「引退はしない」強い相手と闘い続けたい理由

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき