ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浅田真央さん やんちゃすぎて「来なくていい」と叱られた過去

浅田真央さん やんちゃすぎて「来なくていい」と叱られた過去
(浅田真央さん)

12日、都内でロッテ『キシリトールガム』20周年プロジェクト新ボトル発表会が行なわれ、フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さんが登場。12月に、フルマラソンに挑戦することを明かした。
 

■自身がデザインしたパッケージを披露

(浅田真央さん)

ピンクの衣装で登壇した真央さんは、自身のデザインしたパッケージボトルを披露。デザインについては、この日の衣装と同じく、好きな色であるピンクを基調として仕上げたそう。
「明るい色だったり、ハートとか星とかそういうデザインや色が大好きなので、私が好きなデザインに仕上がってすごく嬉しいです!」とコメント。
また、「私の未来もキラキラ輝くようにとのイメージも込めました」と説明し、その仕上がりに満足そう。
 

■リンクの外ではやんちゃだった?

小さい頃からスケートでの活躍はよく知られているが、リンクの外ではどのような子供だったのかを聞かれ、「妹なので、いつもお姉ちゃんの後ろにずっとついて、一緒に習い事をする子でした」と話す。
また、「元気いっぱいの女の子だったので、塾に行ってもお姉ちゃん(浅田舞)にいつもちょっかいばかり出していた」と語り、そのために「塾の先生から『妹さんはお姉ちゃんの邪魔ばかりするので、来なくていいです』と言われてしまったこともあります」と、やんちゃだったエピソードで会場を沸かせた。
 

■次の挑戦はフルマラソン

子供の頃からフィギュアスケートだけでなく、クラシックバレエやジャズダンスと、さまざまなチャレンジをしてきた真央さん。
この日、今年12月10日に行なわれる「JALホノルルマラソン」で、フルマラソンに初挑戦することを明らかにした。
(「走る感じで」とカメラマンからリクエストされる浅田真央さん)

「もともと走ることが好きで、現役時代も走っていましたが、長距離は次の日のスケートの練習ができなくなるので、やらなかったんです。引退したら、一回は走りたいと思っていました」と、胸に秘めていた目標にチャレンジできることに目を輝せる。
「42.195kmとすごく長いので、ガムでも噛みながらリラックスして走りたい」と商品に絡めたコメントをし、報道陣の笑いを誘う場面も。
今回、真央さんがパッケージデザインに参加した『キシリトールガム Xアソートボトル』は、17日から全国で発売する。
・合わせて読みたい→浅田真央が公式インスタグラムを開設 「ありがとう!」とファン歓喜
(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん)

(文/しらべぇ編集部・木根 大心)

関連記事リンク(外部サイト)

大地真央、手作りの目玉焼きにネット騒然 「自作!?」「食べるのが…」
関係者が明かす「芸能界のリアル美尻美女」に驚愕 50歳で絶賛されたのはあの…

しらべぇの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき