ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

6月20日は「世界難民の日」 『Q-pot.』が『LOVE for REFUGEES T-shirts』を発売

6月20日は「世界難民の日」(World Refugee Day)。もともとOAU(アフリカ統一機構)難民条約の発効を記念する日でしたが、2001年以降はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)をはじめとする国連機関やNGOの活動に理解と支援を深める日として制定されています。UNHCRによると、2017年末の時点で紛争や暴力・迫害によって移動を強いられた人は6850万人で、難民は2540万人。特にシリア(630万人)、アフガニスタン(260万人)、南スーダン(240万人)が多く、難民のうち18歳未満の子どもの割合は52%です。

キュートなアクセサリーやスイーツを展開している『Q-pot.』は、2009年より収益金の一部をUNHCRなどに寄付するドネーション企画「とろ~りリボン・プロジェクト」を実施していますが、2019年は「世界難民の日」に合わせた『LOVE for REFUGEES T-shirts』を発売しています。

6月20日の日付と「難民へ愛を」の英文、さらに『Q-pot.』らしいハート型の「みんなの愛でとろ~りとろけるチョコレート」がプリントされたTシャツには、「凝り固まった世界を、たくさんの愛で溶かしていこう」というメッセージが込められているとのこと。

Tシャツは、ロングTとしても着れるXLサイズと、ガーリーな雰囲気のコーデが合いそうなMサイズの2種類を展開。どちらも2700円で、売上の一部は国連UNHCR協会を通じてUNHCRへ寄付されます。

『LOVE for REFUGEES T-shirts』は『Q-pot.』の表参道本店・東京スカイツリータウン・ソラマチ店・ルクア大阪店の各店と公式オンラインショップで発売。キュートな服を着て難民について思いを馳せるというのはステキなのではないでしょうか。

『Q-pot.』公式サイト
http://www.q-pot.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき