ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ポケモンがイラスト素材100種類以上を無償で提供 「お子様の教育・保育にお役立てください」に賞賛の声

ポケモンは6月4日、子どもの教育・保育施設など向けに、ポケモンのイラスト素材を提供するウェブサイト『ポケモンイラストラボ』を公開。非営利使用に限り、100種類以上のイラスト素材を無償でダウンロードすることができます。

対象となる施設は、小学校(公設学童含む)・幼稚園・保育園・認定こども園・児童館(屋内施設)・図書館・小児医療機関・公民館や生涯学習センター等の子ども用スペースなど。ダウンロードしたイラストは施設内での運動会・文化祭・おゆうぎ会などのイベント、教材や館内装飾、掲示物として使用が可能で、販売目的や施設利用者以外への配布は禁止されています。

ピカチュウをはじめとした人気ポケモンが描かれたイラスト素材は、教材や掲示物・おたよりの挿絵などに活用できるGIF形式の素材や、そのまま印刷してぬり絵やお絵かきが楽しめるJPEG形式の素材などが100種類以上。クリスマスやハロウィンなど、季節のイベントに使えそうなイラストも豊富にラインアップされています。

公式サイト内Q&Aの「吹き出しをつけてしゃべらせることはできますか?」という質問に対しては、「ポケモンは人間の言葉をしゃべらず、鳴き声で会話をします(例:ピカピカ!など)。しゃべらせることは推奨しておりませんが、お子様の創作物や、先生方の手作りでのご使用に関しましては、この限りではありません」と回答するなど、子どもたちの生活をサポートしながらポケモンの世界観を伝えてくれるこのサービス。

ネット上では、「ポケモンすごい!」「ガイドラインがしっかりしてるから先生たち助かるだろうな」「こんな幼少生活を過ごしたかった」「ただでさえロングセラーコンテンツなのに、更に長期化するのは確実!」「現場は嬉しいし、ポケモン好きが増えるし、ウィンウィンですね」などと称賛の声があがっています。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき