ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

勝利へのカギは状況を踏まえた編成と戦略、そして、確約された結果への判断。システム重視のフリゲSRPG『ハイアブザード』

あるプレイヤーはゲームとしてのやり応えを求め、また別のプレイヤーは深い世界観とストーリー、魅力的なキャラクターを求める。

それまで駒に過ぎなかった存在に個性を与えるなど、ロールプレイングゲーム(RPG)の様式を取り入れた戦略シミュレーション(ストラテジー)こと「シミュレーションRPG」というジャンルは、プレイヤーそれぞれの嗜好が分かれやすいジャンルだ。ことに作品がどちらも作り込まれた内容であれば、続く作品がどこに力を注ぐか否かに注目が集まる。そして、出来上がったものがそのどちらかを犠牲にした作りになっていたとすれば、嗜好の異なるプレイヤー間で議論が起きる。これはRPGにも言えるが、本ジャンルの場合、「将棋」、「囲碁」と言った昔から嗜まれる「駒遊び」が源流にあるだけに、その辺りの議論が非常に起きやすい土壌を持ってしまっているように筆者は考える。
higha_01

で、あるならば、RPGの要素をゲームに全振りした作品もあっていいのではないのか。そんな考えの元、作られたのかは定かでないが、今回紹介する『ハイアブザード』(作者:熱帯魚氏)は、ストーリー皆無のシミュレーションRPGである。2018年11月14日にWindows PC用フリーゲームとして誕生。同ゲームの配信サイト「ふりーむ!」にてダウンロードできる。

ストーリーなし、確率要素薄めの編成勝負型SRPG

内容は正統派の交互ターン制シミュレーションRPG。個性豊かなユニットをカーソルで動かし、敵ユニットを各個撃破するなりして、勝利条件の達成を目指す。敗北条件に抵触したり、自軍のユニットが全滅すればゲームオーバーだ。
higha_02

ただ、ペナルティ周りは緩い。というのも、本作にゲームオーバーは実質ないに等しく、敗北するとマップを一からやり直しにはなるものの、それまでの戦闘で得られたユニットごとの経験値、レベルは継続した状態での再開となる。

戦闘不能になったユニットが消滅してしまう「ユニットロスト」もない。ゲームオーバー、マップクリア後にそれまでの戦闘で得られた経験値、レベルを継続した状態で復活する仕組みだ。
higha_03

武器も使用回数が決められていて、0になると壊れて使えなくなってしまうが、これも敗北によるやり直し、マップクリア後に回復する。一部ユニットだけが使える専用武器も同様なので、制限を気にせず、思うがままに使える設計だ。

このため、多少力任せな戦術でも、いずれはクリアに辿り着ける、気軽に遊べるバランスになっている。毎ターン始めにセーブが行えることも、そのことを象徴している。
higha_04

さらに確率要素がほとんどない。戦闘は攻撃を仕掛ける前、どのような結果になるかが明示されるので、想定外の事故が起きない。仕掛けた結果、ユニットが戦闘不能になっても、それはプレイヤーの判断ミスだと示される。

相手に倍以上のダメージを与える「必殺」、ユニットの持つ特殊能力こと「スキル」の発動も戦闘前に分かる。後者に関しては、詳細に示されはしないものの、敵のステータス画面をあらかじめ見ておけば、「これが発動するんだな」と読める。
higha_05

そして、各ユニットの経験値が100に達する度に発生するレベルアップ。これも上昇するステータスはレベルごとに固定となっている。仮にセーブしたデータをロードしてやり直したとしても、全く同じパラメータが上昇。嬉しいことに、一つも上昇しないことも起こり得ない。おかげで、育成も気兼ねなく取り組める。

このような工夫が凝らされているため、純粋にマップごとの戦術、戦略を楽しめる作りになっている。確率要素ではないが、一定ターン経過後、マップの特定ポイントに追加の敵ユニット(増援)が現れることも一切ない。少しネタバレになるが、全てのマップが初期配置の敵ユニットと戦う、公明正大・真っ向勝負の構成だ。
higha_06

裏を返せば、常に編成勝負。特に注意すべきがマップ攻略中、ユニットの持つ武器、アイテムの交換ができないことで、強いユニットをひいきすれば攻撃手段がなくなって、ただの人形と化してしまう。さらにユニットには「BP」と呼ばれる行動ゲージも設定されていて、攻撃を取った時などに消費。0になると、移動しかできなくなる。

なので、ユニットそれぞれの役割を決め、偏らせることなく手を打っていくことが大事。しかも、本編の全マップにはターン制限が設定されているので、ゆるりと進撃せよな気持ちで挑むと、敗北一直線だ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき