井上尚弥選手も「失礼な記事だな」と苦言 デイリー新潮の「強すぎて試合が面白くない」「名前も地味」記事が炎上

access_time create folderエンタメ

5月19日に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で、エマヌエル・ロドリゲス選手と対戦し2Rで衝撃のKO勝ちをおさめた井上尚弥選手。試合をTV観戦していたと思われるユーチューバーのHIKAKINさんは「井上尚弥強すぎて鳥肌がはんぱないことになりましたwww」とツイートし腕の鳥肌画像をアップし話題になっていた。

参考記事:HIKAKIN「井上尚弥強すぎて鳥肌がはんぱないことになりましたwww」見事な「鳥肌画像」をツイート
https://getnews.jp/archives/2156408[リンク]

昨年10月に行われたWBSS準々決勝のファン・カルロス・パヤノ戦でも、圧倒的な強さで70秒でのKO勝ちをおさめた井上選手だが、6月1日朝に『デイリー新潮』に「週刊新潮5月30日号掲載記事」として
井上尚弥「強すぎて試合が面白くない」「キャラ立ちしてない」意外な弱点
という記事が掲載され、『Yahoo!ニュース』等にも配信されていた。


記事は、井上選手やボクシング界について紹介した後、無理やり井上選手に対してケチをつけたような印象のもの。

ボクシングライターの弁。
「まず、強すぎて試合がすぐに終わってしまい面白くない。王者になっても弱い相手ばかり選んで防衛を重ねる輩がいますが、ボクシングを知らない人には尚弥もそう見えてしまう」
 実際はそうではない。今回2RでKOした相手も、19戦全勝の強者だった。
「あと、話がつまらない。会見やインタビューも全然印象に残らない。名言もない。亀田家とは言わないまでも、本人も家族ももう少しキャラが立ってほしいですよね。母親が闘病中だった長谷川穂積だとか、誤審に苦しんだ村田諒太のようなドラマもないですし」
 付言すると、名前も地味。具志堅や丈一郎なら、名前だけでも記憶には残る。

といったような記述もある。批判が殺到し、記事を紹介したデイリー新潮のツイートには多くの返信が寄せられ炎上状態となったようだ。

また、6月1日には井上尚弥選手本人が


失礼な記事だな。。
親が付けた名前に地味だなんて記事にする必要はありますか?

とツイート。こちらには、賛同する返信が多く寄せられていたようだ。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧