ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

旅人は知らない、タイ在住者が行くニッチな野外フェスティバル

旅人は知らない、タイ在住者が行くニッチな野外フェスティバル

サワディカップ、KOH(@luck81O)です。みなさんタイに旅していますか?ぼくはタイに旅をするのを辞めて、ノリでタイに移住しちゃいました。いまは「タイに」ではなく「タイを」旅しています。

タイでは有名なフェスティバルが多く催され、その知名度は全世界に及ぶことから国内外ともに圧倒的な人気を誇っています。

 

例えばこんなフェスティバルの名称は耳にしたことがあるでしょうか。

・ソンクラーンフェスティバル
・コムローイフェスティバル

この2つがタイにおいて最も知名度の高いフェスティバルであり、TABIPPO.netの読者さんの中にはきっとすでに制覇している旅人も多いのではないでしょうか。

成田空港から6.5時間、那覇空港から3.5時間と、日本から行きやすく人気の高いタイですが、実はまだまだ知られていないフェスティバルがたくさんあるんです!

 

「旅人は知らない、在住者は知っている」そのようなニッチなフェスティバルを旅人から在住者のKOHがご紹介します。世界にはまだまだ知らない魅力がたくさんあるぞ〜!

 

常夏のチルを体感できるThaibreak Festival

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thaibreakさん(@thaibreak_festival)がシェアした投稿 – 2019年 4月月9日午前6時09分PDT


タイ東部、カンボジア国境にほど近い楽園、マーク島で毎年3月に行われるチルなフェスティバル。Brake=安息 の名の通り1000人以下の小規模でゆったりと自由な雰囲気で、都会の喧騒に疲れた人におすすめ。

チケットは公式サイトから事前購入制で、21才以上が参加可能です。泊まり込みなので、チケットは2Daysや4Daysで販売されています。

2日目と3日目はルーフトップにプールが付いている船でクルーズパーティーも開催されるので、ここにしかない最高の体験に巡り会えるでしょう。

instagramで画像を見る>>
■詳細情報
・名称:Thaibreak Festival
・開催場所:Koh Mak(マーク島)
・住所:Ao Soun Yai Beach Tambon Ko Mak, Amphoe Ko Kut Chang Wat Trat 23000 Thailand
・アクセス:
[飛行機&ボート]
バンコクからトラート空港まで国内線1時間→ソンテウで港まで30~40分→Pramong Laem Ngop Harbor(レーム・ンゴップ港)からスピードボードで45〜60分
[バス/ミニバン&ボート]
バンコクから港まで車で5〜6時間→Pramong Laem Ngop Harbor(レーム・ンゴップ港)からスピードボードで45〜60分
・営業時間:起きてから寝るまで
・電話番号:+49-30-400-56710
・料金:2500~3500バーツ
・開催期間:4日間
・公式サイトURL:https://thaibreak-festival.com/

 

オルタナティブな空間が芸術的な Wonder fruit festival

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wonderfruitさん(@wonderfruitfestival)がシェアした投稿 – 2019年 1月月7日午後9時01分PST


バンコクから東に車で2時間。パタヤの街の郊外にはSiam Country Clubというゴルフ場があり、そこではヒップなフェスティバル「Wonder fruit festival(ワンダーフルーツフェスティバル)」が年に一度、4日間夜通しで開催されます。

バンコクやパタヤから日帰りで参加することもでき、宿泊では家具付きのキャンピングカーやテント泊などが用意されているので「泊まれるフェス」としても楽しめます。

 

会場がゴルフ場というだけあってその規模は大きく、メインステージを中心に10以上のステージやBarが設置されており、各ブース間は3〜5分ほど歩くことになります。

オルタナティブな雰囲気に装飾された会場は環境問題へのメッセージ性を持ち、会場内の装飾から食器に到るまでプラスチックレスで再利用可能な素材でできているんです。

 

このフェスティバルは快適な設備が提供されており、例えば託児所が設置されていることで小さなお子さんがいる家庭でも気兼ねなく参加できる点があります。

在住者コミュニティではメジャーなフェスティバルですが、日本からの旅行者にとって認知度は高くありません。なぜならば開催時期が12月中旬と、日本人にとって師走の真っ最中なので時期の相性が悪いのです……。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき