【RIZIN】“キックの王子様”白鳥大珠、直近の反省点は「髪が長かった」

access_time create folderエンタメ

【RIZIN】“キックの王子様”白鳥大珠、直近の反省点は「髪が長かった」
前回12月のRIZIN出場は「どの試合よりも反響が大きかった」と振り返る白鳥

 6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催の『RIZIN.16』に出場する、第5代RISEライト級王者・白鳥大珠(23=TEAM TEPPEN)が、24日(金)千葉県内で公開練習を行った。
 白鳥は2分1ラウンドの軽いシャドーの後、2分1ラウンドのミット打ちを披露。タイ人のジョートレーナーの持つミットに多彩なコンビネーションを打ち込んだ。
タイ人のジョートレーナーのミットに多彩なコンビネーションを打ち込む白鳥

 7月のRISEに向けて調整していたところに今回の試合が組まれたという白鳥。現在のコンディションについては「明日までの追い込みで疲労がたまっているが、来週には完璧な状態を作れる」とコンディションのコントロールには自信をのぞかせた。
 昨年12月のRIZIN初参戦の反響は「今までのどの試合よりも大きかった」と語る白鳥。年末というタイミングもあり、ハイライトでの放映だったにも関わらずかなり大きかったという。ダウンの応酬になった試合内容については「反省点しかない」としつつも、会場も盛り上がりよかったかなと前向きにとらえているようだ。
前回はダウン応酬の末白鳥(右)がKO勝利

 今回は対戦相手であるWPMF世界スーパーライト級暫定王者・山口裕人(27=山口道場)の地元での開催。打ち合い上等の相手に「付き合うか付き合わないかが見どころ」と語った。山口戦に向けての取り組みを今回ミットを持ったジョートレーナーと磨いていると明かし、相性のいいミットを持ってくれると高く評価し、距離感を磨く練習ができていると語った。
 直近の試合の反省点を、内容もさることながら「髪が長すぎて気になってしまった」と思わぬポイントを暴露。今回はさっぱり切ってから試合に臨むと、不安要素を一つ解消すると決めているようだ。
打ち合い上等の山口に「付き合うかどうかが見どころ」と語る

 なお、山口裕人が「イケメンが大嫌い」と発言していることについて「イケメンと言ってもらえることはありがたいけれど」と前置き、「それ(見た目)に対して嫌いと言われても気にしない」と取り合わず、最終的には実力勝負だという構えを見せた。
・全カードとイベント情報はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【RIZIN】那須川天心、対戦相手の“敵前逃亡”に「プロ失格」と憤り
【RIZIN】6.2神戸大会の全カード発表、関西&外国人選手6カード追加
【RIZIN】神戸大会カード発表、那須川天心は世界戦決定「どのルールでも対応する」

access_time create folderエンタメ
local_offer
イーファイト

イーファイト

eFight【イーファイト】は格闘技ニュース速報、格闘技試合速報、コラム、動画からカラダ作りまで、武道や格闘技に関する情報を網羅しています。

ウェブサイト: https://efight.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧