ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

BiSH、ニュー・アルバム『CARROTS and STiCKS』収録内容&アートワーク公開

BiSH、ニュー・アルバム『CARROTS and STiCKS』収録内容&アートワーク公開

 BiSHが、2019年7月3日にリリースするメジャー3rdアルバム『CARROTS and STiCKS』の収録内容、アートワークを公開した。

 CD DISC1には、既に告知されている通り、Apple Music限定配信ミニアルバム『STiCKS』と『CARROTS』に加え、全て新曲となる全14曲を収録。CD DISC2にはヒット曲「PAiNT it BLACK」、ゲリラリリースで大きな話題を呼んだ「NON TiE-UP」、BiSH史上最大のセールスを記録した「stereo future」を始めとする大躍進を遂げた2018年のヒットシングルの数々に加え、2019年に配信限定でリリースされた人気アニメ『3D彼女 リアルガール』の主題歌「二人なら」、『北斗の拳』35周年を記念して制作された「Small Fish」など、全7曲が収録される。

 映像は、2018年12月に横浜赤レンガ倉庫に約7000人を動員したBiSH史上最大のフリーライブ【stereoなfutureにしないYOKOHAMA】他、全7曲のMV(Blu-rayはメンバー副音声も収録)、YAHOO! JAPANとGYAO!で全16回に渡り放送されたBiSH初の冠番組『BiSHのキレッキレJAPAN』の傑作選を収録。100ページに及ぶ撮り下ろしPHOTOBOOKも同封され、初回限定豪華盤はMETAL BOX仕様となっている。

◎リリース情報
アルバム『CARROTS and STiCKS』
2019/7/3 RELEASE
<初回生産限定盤(2CD+Blu-ray+PHOTOBOOK(100P)・METAL BOX仕様)>
AVCD-96297~8/B 10,000円(tax out)
<DVD盤(2CD+DVD)>
AVCD-96299~300/B 5,800円(tax out)
<MUSIC盤(2CD)>
AVCD-96301~2 3,900円(tax out)
<CD盤(CD)>
AVCD-96303 3,000円(tax out)

【DiSC1:CARROTS and STiCKS(全形態共通)】
「遂に死」
「FiNALLY」
「優しいPAiN」
「FREEZE DRY THE PASTS」
「I am me.」
「まだ途中」
「CAN YOU??」
「NO SWEET」
含む新曲全14曲

【DiSC2:SPECiAL BONUS CD(初回生産限定盤&DVD盤&MUSIC盤)】
01PAiNT it BLACK
02 Life is beautiful
03 HiDE the BLUE
04 NON TiE-UP
05 stereo future
06 二人なら
07 Small Fish

【Blu-ray&DVD(初回生産限定盤&DVD盤)】
▼2018.12.09 FREE LiVE at 横浜赤レンガ倉庫 “stereoなfutureにしないYOKOHAMA”
01 BiSH-星が瞬く夜に-
02 stereo future
03 GiANT KiLLERS
04 MONSTERS
05 オーケストラ
06 サラバかな
07 S・H・i・T
08 DA DANCE!!
09 BiSH-星が瞬く夜に
▼Music Video
01.遂に死
02.I am me.
03.タイトル未定
04.PAiNT it BLACK
05.Life is beautiful
06.HiDE the BLUE
07.NON TiE-UP
※初回生産限定盤のみ、メンバーによる副音声収録
※DVD盤は01~03のみ収録
BiSHのキレッキレJAPAN 傑作選
※初回生産限定盤のみ収録

◎ライブ情報
【And yet BiSH moves.】
2019年9月23日(月・祝)大阪城ホール

関連記事リンク(外部サイト)

BiSH、ライブ映像やオフショットなどで構成『CARROTS』全曲試聴動画を公開
BiSHらがSHIBUYA109に来店、WACK公式ショップで限定コラボアイテム販売も
BiSH、アイナ・ジ・エンドの長年の夢“大阪城ホールでのワンマン”決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき