ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キリン発祥の地・横浜で体験型展覧会「#カンパイ展2019」開催


昨年3万人を動員した体験型エキシビションの第2弾「#カンパイ展2019 -Wish You Good Luck!-」が、6月24日(月)~9月1日(日)の期間、横浜赤レンガ倉庫で開催される。

「#カンパイ展2019」では、誰もがワクワクして思わず一歩踏み込んでみたくなる3つの部屋と2つのインタラクティブ・コンテンツを用意。それらを通して、キリンの歴史や横浜の歴史を、頭ではなく身体で感じて楽しむことができる。それでは、コンテンツの内容を詳しく見てみよう。

「#01 Born in Yokohama」は、“山手の洋館”をモチーフにした部屋。横浜発祥のさまざまなアイテムを通して“横浜コトはじめ”が体感できるようになっている。


「#02 Good Luck with Your Life」では、壁に埋め込まれたキリン製品のアーカイブを展示。思い出の商品のまわりにシールを自由に貼り付けて、みんなで壁一面のアート作品を作り上げよう!


「♯03 Good Luck Park」では、幸せを運ぶと言われる聖獣麒麟を探して。見つけられたら幸せを運んでくれるかも?!


「♯04 さわれる歴史 インタラクティブ・ウォール」は、タッチする度にプロジェクションで絵が動いたり音が奏でられたりする、ちょっと変わったウォ-ル。


「♯05 カンパイホール インタラクティブ・テーブル」では、設置されたインタラクティブ・テーブルに、エントランスで渡される「カンパイ帳」やグラスを置くと、こんなムービージェニックな演出がつぎつぎと現れる仕掛けが!


ビールを飲む人も飲まない人も、グラスとテーブルで繰り広げられる光の演出が楽しめる。

猛暑が予想される2019年の夏を、バージョンアップされた「#カンパイ展2019」で楽しんでみてはいかがだろうか。


■「#カンパイ展2019」
場所:神奈川県横浜市中区新港1-1-1 横浜赤レンガ倉庫1号館3階

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき