ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『ナビジョン』の実力を無料で試せる!西日本初『ナビジョン』期間限定ストア、大阪・梅田蔦屋にて開催

ここ数年、化粧品の進化が凄まじく、化粧品の効果実感度が高まっていると言われている。そんな中、資生堂が20年の歳月をかけて開発、美容皮膚研究から生まれたスキンケアブランド『NAVISION(ナビジョン)』から、満を持して登場したのが「ナビジョン HAフィルパッチ」だ。

発売後、「ナビジョン HAフィルパッチ」の商品や世界観を体感できる期間限定ストアを、東京では表参道を中心に5カ所で開催。大きな反響があったが、今回、大阪・梅田蔦屋にて期間限定ストアの開催が決定。西日本での開催が“初”いうことで、さらに注目を浴びている。

西日本初期間限定ストア開催記念イベントとして、美容雑誌編集長・桐野安子さんと美容家の松本千登世さんをゲストに招いたトークショーが実施された。

桐野編集長曰く、

「ここ数年の化粧品の進化がすごいですね。美容に興味がある女性が増えている影響もあって、なんか効果がありそうという“情緒的”な商品よりも効果実感を優先する“機能的”な商品へ人気がシフトしている気がします」

美容業界25年の美容家・松本さんは、

「シミ・しわ対策など、これまで“簡単に改善するのは不可能”と思われていた美容悩みに対しても効果を体感しやすいアイテムは増えています。化粧品の効果が美容医療の領域にどんどん近づいているのではないでしょうか」

と語った。

ひとむかし前までは、「美容医療=整形手術」というイメージが強かったが、徐々にさまざまな技術が開発され、最近ではレーザーなどで肌ケアをする人は増えている。とは言っても、「施術を受けた後のダウンタイムは?」「費用はいくらくらいかかるの?」と時間的・経済的不安がつきまとっているのも現実。

資生堂では、美容医療が身近になってきたとは言え、まだまだ不安がある中、もっと気軽に手軽に効果の高いアイテム、“化粧品以上、美容医療未満”のアイテムを提供したいという思いから、20年の歳月をかけて美容皮膚研究を追求。そして、スキンケアの頼れるナビゲーターとしてスキンケアブランド『ナビジョン』が誕生した。現在は美容皮膚科にて販売されている。

ブランドデビュー以降進化を遂げてきた『ナビジョン』から、最新アイテムとして登場したのが「ナビジョン HAフィルパッチ」だ。



イメージキャラクター宮沢りえさん出演の『ナビジョン』のブランドムービーが流れる今回の期間限定ストアでは、『ナビジョン』ナビゲーターと呼ばれるスタッフが常駐しているので、「ナビジョン HAフィルパッチ」の詳細を直接聞くことができる。

1 2 3次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき