ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

幻冬舎で「印税2%で原稿料ゼロ円」のケースも!? 見城徹社長の「実売部数晒し」ツイートの波紋広がる

5月13日、作家の津原泰水さんが、幻冬舎から刊行された百田尚樹さんの『日本国紀』を批判していたところ同社より文庫が出せなくなったとツイートを行った。

反響を呼び、幻冬舎に対して作家や編集者から批判が寄せられる。作家の小野美由紀さんは、デビュー作のときに10%と明言されていた印税を8%にされたと明かし、こちらも拡散されていた。

津原さんのツイートについて反論していた幻冬舎の見城徹社長は、津原さんの実売部数を公表するツイートも行う。新聞やネットニュースのサイトなどで「実売部数晒し」と報じられ、作家や編集者などからは猛反発を呼び、見城社長はツイートを削除し謝罪した。

参考記事:幻冬舎・見城徹社長が『日本国紀』批判の作者の非公表実売部数をツイートし大炎上 後に削除し謝罪
https://getnews.jp/archives/2155759[リンク]

見城社長の実売公表ツイートの後、年配のゲーム好きの方にはおなじみであろう作家の渡辺浩弐さんは

幻冬舎の本って数字バラしてもいいの? じゃ。

_人人人人人人人人人人人人人_
> この本、印税2%でした <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

と、幻冬舎から発売していた著書「BLACK OUT」についての他ユーザーのツイートを引用してツイート。
また、
「原稿料もお願いします! 」
という質問が寄せられ、それに対しては

ゼロ円

と返答していた。
なんとも衝撃的な数字、拡散されさまざまな意見が寄せられていた。他の出版社の原稿料について、といったような情報も寄せられるなどしていたようである。

※画像は『いらすとや』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき