ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オビドスはサクランボのお酒の宝庫!自分好みのジンジーニャを見つけよう【ポルトガル】

オビドスはサクランボのお酒の宝庫!自分好みのジンジーニャを見つけよう【ポルトガル】
リスボンからバスで1時間ほどの小さな町オビドスは、その美しい町並みで観光客に大人気ですが、ここはポルトガルの名産、サクランボのお酒ジンジーニャの産地でもあります!

町自体はとても小さいのですが、城下町の中のメインストリートにはたくさんのお土産屋が並び、その中にはジンジーニャを立ち飲みで飲ませてくれるスタンドもたくさんあります。ジンジーニャといっても、作っているメーカーによって味やアルコール度の強さが微妙に異なります。なので、それぞれのスタンドでちょっとずつ試し飲みしてみるのがおススメです!

オビドスはサクランボのお酒の宝庫!自分好みのジンジーニャを見つけよう【ポルトガル】

値段はどこも1~1.5ユーロ(約124円~190円)ほど。チョコレートのカップに入れてくれるスタンドもありますが、頼めば普通のカップにも注いでもらえます(私はチョコレートと一緒に飲むよりそのままの味で飲むほうが好きなので、いつも普通のカップでいただいています)。

もし気に入ったら、ボトルで購入もできます。700ml程度のボトルであれば大体10~15ユーロ(約1240円~1860円)ほどになります。他では手に入らないメーカーのものもあるので、気に入ったものがあったらその場で購入することをおススメします!

ちなみに私のお気に入りジンジーニャはGinjinha da porta 7というものです。甘さもほどほどでアルコールの風味とのバランスもとてもいいので、はじめてジンジーニャを味わう人にもお土産にもぴったりですよ!


関連記事リンク(外部サイト)

梨泰院にもあった「俺のフレンチ・イタリアン」【韓国】
フラワー&ガーデン・フェスティバルのフードブース3♪【アメリカ】
ウイーンの地ビールといえばOttakringer!【オーストリア・ウィーン】

ワウネタ海外生活の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。