ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【BOM】スアキム戦控える翔・センチャイジム「イケる気がする」

【BOM】スアキム戦控える翔・センチャイジム「イケる気がする」
ヒジ撃ちを得意とする翔(左)

 6月1日(土)神奈川・横浜文化体育館で開催される『BOM-THE BATTLE OF MUAY THAI SEASONⅡ vol.2-』。
 WMC日本ライト級王者翔・センチャイジム(35=センチャイジム) は、ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級スアキム・PKセンチャイムエタイジム(23=タイ)と対戦する。
 翔・センチャイジムはこれまでに5本のベルトを獲得している超ベテランで、現在もINNOVATION&WMC日本ライト級の2タイトルを保持。ヒジと首相撲からのヒザを得意としており、4連勝中だ。
 多くの日本人がスアキムとの対戦を避ける中、翔は話を聞いたその場で即答し対戦を決めたという。
 そのスアキムはムエタイ二大殿堂の一つ、ルンピニースタジアムでスーパーバンタム級とスーパーフェザー級の二階級で王座に就いた超一流のムエタイ選手。昨年2月の『KNOCK OUT FIRST IMPACT』では5Rに渡る熱戦の末、那須川天心に判定負けした。
 スアキムは現在『RISE WORLD SERIES 2019』に参戦中で7月には那須川天心との再戦を控えているが、大一番の前に自身の主戦場であるムエタイへの参戦を決めた。
 ”スーパースター”との対戦を控えた翔は「いや~、なーんかイケる気がするんですよねー!」と余裕を感じる発言。
 過去にセンチャイやノンオーといったムエタイレジェンドや、昨年シュートボクシングの海人を破ったチャムアトーンなど超強豪らと拳を交えたこともある翔は「もうどんな相手と闘うことになっても『恐い』って感情は湧かなくなっちゃいました」と笑う。 
長い脚でハイキックをヒットさせるスアキム(左)

 和製ムエタイスタイルの第一人者として長らくトップシーンにいる翔は「ムエタイだからこそのヒジ打ち、ヒザ蹴り、首相撲が得意だっていうプライドは確かにあります」と積み重ねてきたムエタイテクニックに自信を持つ。
 今回のスアキム戦では「真正面からテクニック合戦でいったらやられるでしょう。けど、最近、ヤツはダウンするじゃないですか。ヒジやヒジに行く刹那、組際にパンチが入ると思うんです。それは、ムエタイにこだわってきた自分だからこそ掴めるタイミングで」とムエタイを知るからこそ倒せるという。
「期待していてください。あっと驚かせますよ!」と語る翔、スアキム戦へ如何なる戦いを見せるか。
 

関連記事リンク(外部サイト)

【BOM】元ラジャ&ルンピニー王者パコーンとの対決に松本芳道「5Rあれば倒せる」
【BOM】緑川創が2度目のラジャダムナン王座に挑戦「死ぬ覚悟で全てをぶつける」
【ムエタイ】名高、快挙達成をアントニオ猪木に報告「いずれ世紀の一戦を」

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。