ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

六甲山カンツリーハウスに「バラの小径」がオープン!


バラの美しい季節がやってきた。神戸市の「六甲山カンツリーハウス」でも、園内にある「バラの小径 ローズウオーク」が6月8日(土)にシーズンオープンを迎える。


「バラの小径 ローズウオーク」は、イギリスの家庭の庭をモチーフにした散策型のローズガーデン。約3000㎡の園地で、約90種・およそ2000本のバラを周囲の景観に溶け込むように植栽しているので、晴れの日は陽射しを浴びて活き活きと爽やかに、雨の日には霧がかかり幻想的に咲くバラを鑑賞できる。

標高約850mに位置する「六甲山カンツリーハウス」は、神戸の市街地に比べ年間の平均気温が5~6℃低い。そのため1カ月ほど遅くバラが咲き始め、市街地とは異なる時期にバラを楽しめるのも特徴だ。


今年は隣接の「六甲ガーデンテラス」で開催する「~ピーターラビットと楽しむ~ 六甲山英国フェア」と「バラの小径 ローズウオーク」をめぐるスタンプラリーなど、期間限定イベントも実施。また六甲山上の4施設にお得に入場できる「神戸 六甲山花めぐりチケット」も販売している。価格は中学生以上1500円、4歳~小学生750円。

■「六甲山カンツリーハウス」
住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。