ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

約100年の歴史を持つ木造駅舎が引退、5/25から仮駅舎に切り替え


(※西駅舎の画像は南海電鉄のプレスリリースから)
南海電鉄は5月15日、諏訪ノ森駅西駅舎を閉鎖し、建設中の仮駅舎に切り替えると発表しました。仮駅舎の供用開始は5月25日始発列車から。現在の西駅舎はその前日24日の営業運転終了をもって閉鎖となります。
諏訪ノ森駅は1907年(明治40年)に開業(当時の駅名は「北濱寺」)。1919年(大正8年)に駅が移設され現在の西駅舎が建設されました。以後およそ100年にわたって現役で使われており、1998年(平成10年)には浜寺公園駅駅舎とともに大手私鉄で初めて国の登録有形文化財として登録されました。
堺市が主体となって進められている「南海本線(堺市)連続立体交差事業」のための閉鎖となります。諏訪ノ森駅は本事業により高架化される予定です(事業完了は2028年3月予定)。

関連記事リンク(外部サイト)

京阪の八幡市と深草の駅名、10月に更新 また長いでーっ
男山ケーブル、名前も車体デザインも刷新! 長いしキラキラ
吹田総合車両所、5月18日に一般公開 現在の姿を見届けるラストチャンス

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき