ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんな違ってみんな特別!入居猫の個性が光るプロフィール

2019年で保護ねこカフェ開業から5周年を迎えたもりねこです。
本当に多くの皆さまのご支援、ご協力を賜り、応援していただき現在に至っております。スタッフ一同心より感謝申し上げますとともに、もりねこの「ねこもひとも、しあわせに。」のミッションを胸に、今後もより活動に力を入れていく所存です。

5周年を迎えたタイミングで引退をした元営業部長のシロたん(右)。接客は控えて、もうしばらくはケアルームでのんびり隠居生活を送る予定です。お隣の、やや高齢のよもぎちゃんとも仲良し

ねこそれぞれの個性こそが魅力

さて、この5年間で譲渡した猫の頭数は約400匹になります。その1匹1匹に個性がある特別な存在、大切な命です。それは、もりねこ入居中も卒業後も変わらずに私たちが意識していること。特に猫を迎えてくださった里親さまにとっては家族の一員となるので、「その猫らしさ」を尊重することは当たり前のことでしょう。新しいご家族からいただく幸せ便りの最後に、よく「親バカでごめんなさい」という文が添えられています。そんな手紙を読むたびに「あぁ、○○君(ちゃん)は幸せなんだなあ」と心の底から温かく幸せな気持ちになります。親バカ万歳です!

仲良くホットカーペットでお昼寝中のこの猫たちは、約1年前に多頭飼育崩壊現場からやってきました。みんな穏やかで可愛く、個性的な面々

もりねこ特性「猫プロフィール」の秘密

もりねこ入居猫の個性を知っていただくには、実物と触れ合って感じていただくのがもっとも早く効果的。ですが、その前段階で「知ってみたい」「会ってみたい」と感じていただくきっかけになるのが「猫プロフィール」ですよね。猫カフェに遊びに来られるお客さま、特に初めていらっしゃる方にとっては、プロフィールと猫を見比べながら触れ合うことでお気に入りの猫ができたり、より個性を意識したりすることも多いそうです。

現在もりねこに設置しているプロフィール、実はそのほとんどがボランティアさんが作ったもの。写真を撮影してプロフィール文も考えてくれています。スタッフは編集作業のみ…。スタッフには見せてくれないしぐさ、性格の特徴、時に知らなかった毛色の特徴なども書かれていて「へえー」と感心することもしばしばです。特に猫を一言で表したキャッチフレーズはユニークでわかりやすく、楽しいプロフィールになっています。もりねこに遊びにいらした際はぜひこのプロフィールも注目していただけると嬉しいです!

もりねこ入居猫プロフィール

盛岡市保健所の猫プロフにも注目

少し話がそれますが、盛岡市保健所の「新しい飼い主を募集しています」のページをご覧になったことはありますでしょうか。犬も猫も、それぞれ特徴欄の記述が詳しく書かれています。個性豊かな猫たちの様子がわかるプロフィールの内容は、譲渡に一役も二役もかっているのではないかと思います。自治体によって方針は違いますが、これは一般市民による猫の預かりボランティアを行う盛岡市ならではかもしれません。

6年目に突入したもりねこでも、入居猫プロフィールをバージョンアップしようとしています。猫たちがどんな状況下で保護されたか、どんな人のお世話を受けて入居したかなど、多くの情報を盛り込んでいきたいと考えています。猫たちのこれまでのニャン生を知ることで、それぞれが特別な存在であることをより強く感じていただけるプロフィールを目指しています。

著者:もりねこ

Facebook
Twitter
Google+
LinkedIn

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。