ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

丹鉄の新型車両「KTR300形」、5月18日より運行開始


(※画像提供 WILLER TRAINS㈱)
京都丹後鉄道の新型車両「KTR300形」の出発式が5月18日10時より行われ、同日より運行を開始する。

車両外観



歴史と伝説の華やかさを表現した鳶赤色のボディに、山々に漂う朝露と、海のさざ波をイメージした太さの異なる三本の金帯を配している。車両正面は大江山の鬼を思わせる引き締まった顔つきだ。ヘッドライトや行先表示器、車内照明には照度が高いLEDを採用し、霧対応のフォグランプ、雪対策の耐雪ブレーキを装備している。

車両内観


「鬼」の引き締まった外観に比して、内装は目に優しく落ち着いたイメージ。

座席には転換クロスシートを採用し、側窓下部には乗車中に充電できるようUSBポートを設置している。

運賃表示器はフルカラーの液晶ディスプレイ。運賃だけでなく、注意情報・沿線案内・駅案内なども表示できる。

また車内には車いすにも対応した多機能トイレもあり、安全・安心・快適に目が行き届いた最新型の車両となっている。
KTR300形は「MF100形・200形」の後継車両。京都丹後鉄道の新型車両導入は「KTR8000形」以来23年ぶりとなる。

関連記事リンク(外部サイト)

男山ケーブル、名前も車体デザインも刷新! 長いしキラキラ
吹田総合車両所、5月18日に一般公開 現在の姿を見届けるラストチャンス
大阪環状線が6/8に323系投入完了、201系が運用から外れる

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。