ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

スガキヤの期間限定メニュー「超肉入ラーメン」食べてきた

スガキヤの期間限定メニュー「超肉入ラーメン」食べてきた

 ナゴヤのソウルフードともいわれるスガキヤのラーメン。安くてちょうどいいスガキヤは、チャーシューが5枚乗った「肉入りラーメン」も人気。その「肉入りラーメン」にさらに肉が5枚、合計10枚乗って、しかも麺が1.5人前になった「超肉入ラーメン」(特別価格550円)が、2019年5月16日から期間限定販売されるというので、早速食べてきましたよ!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 向かったのは、とあるスーパーのフードコート。名古屋市内の複合小売店には大体入っているんじゃないかというくらい、気軽に行けるのがスガキヤのよいところ。ラーメンやつけ麺、ご飯ものやデザート類まで色々とそろっていて、一人でも仲間や家族でも気楽に行けるので、小さい頃からスガキヤのラーメンで育ったという人も名古屋には少なからず……。買い物帰りに親にねだってソフトクリームやサンデーなんかを食べたり、お昼時に一緒に買い物に出たついでにスガキヤで食べた思い出を持つ人も多くいることでしょう。

 そんなスガキヤのラーメンは、魚介だしと豚骨を合わせた、独特の「スガキヤのスープ」が基本。醤油でもない、豚骨でもない、「スガキヤ味」ともいうべきスープに、ネギと肉とメンマが入ったラーメンは小腹がすいたときにはちょうどいい量とお値段。しかし、とにかくお腹をしっかり満たしたいときは、一緒にご飯ものやデザート類を頼むのが一般的だったりします。

 今回食べてきた「超肉入ラーメン」は、普通の肉入りラーメンよりも肉も麺もマシマシになって550円というお値段。ちなみに、通常の「肉入ラーメン」にトッピングして同じものを食べようとすると、肉のトッピングと麺大盛で通常600円はかかるメニューです。

 そんな期間限定の「超肉入ラーメン」。コーンや半熟卵など、6種類のトッピングにも心を惹かれつつ、注文して待つこと数分。フードコートのテレビをぼんやり眺めていたらもう出来上がりの合図が。早っ!スガキヤがファストフードとして愛されているのはこの早さもあってのこと。

 さて、早速お盆をテーブルへ。いつものラーメンよりも若干ずっしり感。食べ応えがありそうだわ。チャーシューはスガキヤ独自の丸いスライスした豚バラ肉と思われるお肉。ちょっとリッチに食べたいときの「肉入りラーメン」よりも倍の量が乗っているってだけで、テンション上がります。

 そしてスガキヤと言えば、独自の形をしたフォークスプーン。昔は右利きの人が使いやすいような形で先に付いているフォーク部分が偏っていたのですが、現在では円形のスプーン部分の真ん中に4本、フォーク状の部分がのびています。これで麺を食べるのは、実際ちょっと食べにくかったりするのですが、食べ終わりごろにこのフォークスプーンが活躍するんですよ。

 いただきます!と、さっそくスープを一口。うん。スガキヤの味。スガキヤの味はスガキヤの味としか形容できない味わい。そしてチャーシューを1枚。うん。いつものチャーシュー。味も形も変わっていないっていうのは、何とも言えない安心感があります。で、麺と一緒にチャーシューをほおばっても、最後までチャーシューが残っている……!!いつもならチャーシューとメンマはさっさと消えて、麺と底の方に残った具をあのフォークスプーンでちまちまと食べることが多いのだけど、麺を食べきるまでチャーシューが残ってくれたのは初めて。それだけで何だか嬉しくなってしまうという小市民っぷりをひそかにかみしめつつ、最後のチャーシューを麺を食べきった後にやはりかみしめたのでした。




 いつものラーメンなら、ここで「ちょっと何か甘いもの頼みに行ってくる」とかなる訳ですが(ソフトクリームとか溶けちゃうから)、今回はいい感じにお腹も膨れて肉もちゃんと食べた!という満足感もあって、この1杯で終わりに。何というコスパの良さ!!これは当分、スガキヤに通う日が続きそうです……。ごちそうさまでした!

(取材・撮影:おたくま経済新聞名古屋支部・梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

ファミマの新商品「ぶ厚いプリンのケーキサンド」を食べてみた
クッキー感がハンパない!「おおすぎ~。やりすぎクッキーアイスバー」を食べてみた
透明なのに醤油 話題の「透明醤油」にせまってみた

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき