ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

安斉かれん、コスメブランド“M·A·C”の店頭コレクション第二弾“KOGAO”に登場

“次世代ギャル(=ポスギャル)”のひとりである安斉かれんが、コスメティックブランド“M•A•C”の店頭コレクション第一弾『TOKYO GIRL / TSUYA SKIN #MACKALENANZAI』に続き、第二弾『KOGAO #MACKALENANZAI』のビジュアルに登場する。
『KOGAO #MACKALENANZAI』 (okmusic UP's)

デビュー前から多くのファッションメディアに登場し、M•A•Cの店頭コレクションビジュアルに初の“女性ソロ・アーティスト”として登場するなど、注目を集めている安斉かれん。5月1日にはデビュー曲「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をデジタルシングルとしてリリースし、ミュージックビデオはMTV『5月度前期 BUZZ CLIP』、M-ON!『5月度 M-ON! Recommend』の2冠を獲得した。

そんな安斉かれんが店頭コレクションビジュアルに起用された第二弾『KOGAO #MACKALENANZAI』では、シェーディングだけでなくハイライトにフォーカスすることで、明るさと透明感を残しながら“KOGAO(小顔)”を表現出来るアイテムを提案。大人気ストロボクリームを筆頭に光を反射させるツヤアイテムで、360度どの角度から見ても立体感のある小顔メイクへと変貌を遂げる。理想のイメージに近付ける、選べるパールカラーと共に、5月20日(月)~6月16日(日)まで、M•A•C公式オンラインショップと全国のM•A•C店舗にて展開される。
■安斉かれん オフィシャルHP

http://kalenanzai.com/
配信シングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」
配信中

※サブスクリプション音楽ストリーミングサービスのみで配信中!

URL:https://avex.lnk.to/kalenanzai_sekai

 (okmusic UP's) (okmusic UP's)
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき