ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニー実写映画『アラジン』日本語吹替版ジャファー役は北村一輝に決定!

ディズニー実写映画『アラジン』日本語吹替版ジャファー役は北村一輝に決定!

『美女と野獣』のスタッフが贈るディズニー実写映画『アラジン』の公開を5月24日に控え、ウィル・スミスとアラン・メンケンの来日も決まって盛り上がってきました。日本語声優キャストも人気俳優・中村倫也に加え、今月10日にはジャファー役声優として新たに俳優・北村一樹が決定しました。

実写版『アラジン』日本語吹替版ジャファー役に俳優・北村一樹!


View this post on Instagram

徳川容華さん(@yoka.tokugawa)がシェアした投稿 – 2019年 5月月10日午前9時00分PDT

5月10日、公式サイトよりプレミアム吹替版のジャファー役に俳優の北村一樹が決まったという発表がありました。既に決まっていたアラジン役の旬な俳優・中村倫也やジャスミン役のミュージカル女優・木下晴香との劇中の掛け合いが楽しみですね。北村さんは、悪役の活躍する映画が好きなのだそうで、ジャファーにも魅力を感じていたのだとか。その実写版ジャファーの声を演じられることになり、「時を経て願いが叶うなんて」と喜びをあらわにしています。

実写版『アラジン』5月24日公開!

View this post on Instagram

ディズニー・スタジオさん(@disneystudiojp)がシェアした投稿 – 2019年 3月月25日午後6時05分PDT

近年、ディズニー長編アニメーション作品の実写化が相次いでいます。現在、『ピノキオ』の実写化も進んでおり、トム・ハンクスにゼペットじいさん役を交渉中という噂も。そして2019年5月24日、実写映画『アラジン』がついに公開されます。ランプの魔人ジーニー役には超大物俳優ウィル・スミスが起用されたことでも話題になっています。また、公開直前には、ウィル・スミスとディズニー音楽の鬼才アラン・メンケンが来日します。

ディズニー実写映画『アラジン』ウィル・スミス & アラン・メンケン緊急来日決定! | 映画board

View this post on Instagram

ディズニー・スタジオさん(@disneystudiojp)がシェアした投稿 – 2019年 4月月9日午後4時07分PDT

日本語吹替版キャストも豪華で、主人公アラジン役は現在大ブレイク中の人気俳優・中村倫也、ジャスミン役は2015年に日本テレビの『全日本歌唱力選手権 歌唱王』で決勝にも進出したことのある実力派ミュージカル女優・木下晴香、ジャファー役は先日決定したばかりの人気俳優・北村一樹、そして、ジーニー役にはアニメ版の日本語吹替版でも同役を担当した虹色の声を持つ日本一声優・山寺宏一です。

ジーニー役ウィル・スミス!ディズニー実写映画『アラジン』あらすじ&キャスト!吹替声優にあの人気俳優! | 映画board

俳優・北村一樹ってどんな人?

View this post on Instagram

@mxxk17___がシェアした投稿 – 2019年 4月月14日午前2時05分PDT

1969年7月17日生まれ大阪出身の俳優・沢村一樹は、1991年から芸能活動を開始し、映画・ドラマ共に多くの出演作を持つ超人気俳優です。刑事から悪役、コミカルな役柄まで演じることのできる実力派で、役作りのために歯を数本抜いてしまう努力家でもあります。
日本人離れした濃い顔も魅力の一つで、『テルマエ・ロマエ』や『映画 怪物くん』などで外国人の役も演じています。『映画 怪物くん』撮影の際には、ロケ先で現地の俳優にインド人と間違えられてしまうほどです。


関連記事リンク(外部サイト)

【Disney DELUXE】ついにサービスを開始した注目のディズニーデラックス、オススメ映画15選※5月16日更新
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』:ミリー・ボビー・ブラウンが来日
故・スタン・リー像をNYに!MARVELファンが署名活動中!

映画boardの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。