ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

カップじゃない「じゃがりこ」、チャック付きスタンドパウチでカバンに入りやすい『じゃがりこ サラダbits/じゃがバターbits』!

 

従来のサラダ味と変わらず、にんじんとパセリが練りこまれ、じゃがいもの素材の味としょっぱさがたまらない。意外に、乾燥にんじんが良い味を出していて、口の中で出会うと喜びを感じる。記者は「じゃがりこ」といえばサラダ味派なので、この味のチャック付きのパウチ型が登場したのは嬉しい。

 

 

「食べだしたらきり(キリン)がない」というダジャレがキャッチフレーズの「じゃがりこ」だが、バーコードにも遊び心を取り入れているのが見て楽しい。サラダ味ではバーコードの数字の後半がポロポロと落ちていくようなデザインとなっていて「bits」だけに「ビッツり!」の文字。デザインバーコードと言って、登録商標にもなっているものらしい。

 

『じゃがりこ じゃがバターbits』

 

開封するとバターのふんわりとした香り。従来のものと変わらず、サクサクの食感とじゃがいも、バターの味がよくマッチしている。一口サイズなので、子どもも食べやすそう。

 


左がじゃがバター、右がサラダ

こちらのパッケージには、走ってくるキリンがバーコードにぶつかり「痛っ!! ビッツかった」と若干強引なダジャレ。味だけじゃなく、デザイン性も重視しているパッケージも「じゃがりこ」ブランドの特徴だ。

 

 

今までできなかったカバンに「じゃがりこ」を常備してサッと食べるということも可能になる。これからの季節、ドライブやピクニックなどのお出かけに持ってこいだ。

 

 

セブン-イレブンなどのコンビニ限定で発売中。

 

関連記事リンク(外部サイト)

まさかの公式発売! 1分で作れる『じゃがりこ de ポテトサラダ』を食べてみた!
期間限定『じゃがりこ チェダー&サワークリーム味』は、チーズ強めでドリンクやお酒と相性ばっちり!
『じゃがりこ 赤いコンソメ味』おばけに赤く染められた、コンソメ味のハロウィンじゃがりこ!
カルビー『とうもりこ』「じゃがりこ」姉妹品のコーンスナック。地域限定の人気土産がセブン-イレブンに登場!
バレンタインに『じゃがりこ チョコ味』!あまじょっぱい不思議な「じゃがりこ」…アリorナシ!?

前のページ 1 2
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき