ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

2019年3月にスタートしたディズニーによる動画配信サービス、Disney DELUXE(ディズニーデラックス)。サービス開始から3ヶ月が経過したディズニーデラックスについて解説します。サービス利用方法やどんな映画があるのか、オススメの作品を紹介します。※6月11日更新しました。

ディズニーデラックスとは?

ディズニーデラックスとは、2019年3月26日にサービスが開始された新たな動画配信サービスです。兼ねてより噂になっていたDisney+ではなく、日本独自のサービスとなっているのが特徴です。

ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの4ブランド全てがそろう唯一のディズニー公式動画&エンターテイメントサービスです。アニメーションや実写映画の新作・不朽の名作をはじめ、ここでしか見られない映画やTV番組がテレビ、スマホ、タブレット、PCでいつでもどこでも全て見放題です。 ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルのデジタルコンテンツや会員限定のイベント、限定グッズも購入頂けます。

出典元:https://www.disney.co.jp/deluxe/faq.html#membership

ディズニーデラックスの利用方法

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/deluxe/howto.html

ディズニーデラックスは、利用方法は他のサービスと比べて少し面倒なものとなっています。ドコモと連動したサービスとなるディズニーデラックスは、ドコモのサービスのdアカウントを持っていないと利用ができません。
しかしdアカウントさえ取得さえすれば、誰でも利用が可能です。dアカウント取得後、ディズニーデラックスのサイトで利用登録ができます。

ディズニーデラックスについてはこちらから(ディズニーデラックス公式サイト)

ディズニーデラックスの月額料金※2019年6月11日更新あり

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

お金・女性

ディズニーデラックスは、月額利用料700円です。主な他のサービスとの値段比較は、以下の表にまとめてみましたのでご覧ください。

料金比較(2019年6月11日時点)

サービス
値段
Disney DELUXE
月額700円
NETFLIX
月額800円(3プラン有り)
Hulu
月額933円
Amazonプライム
年間4,900円(月額だと500円)
U-NEXT
月額1,990円
TSUTAYA TV
月額933円
ビデオパス
月額562円
dTV
月額500円
ビデオマーケット
月額500円

出典元:https://vod.entertainment-fan.com/

Disney+は日本に来るのか?※2019年6月11日更新あり

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

TORONTO, ON – NOVEMBER 20: Mickey Mouse leaps in the air while crossing the street with a fan at Queens Quay W., and Robertson Crescent. Mickey Mouse, celebrating his 90th anniversary, is visiting Toronto’s most photo-worthy neighbourhoods.
(Andrew Francis Wallace/Toronto Star via Getty Images)

では、現在ディズニーが発表しているDisney+は日本ではどうなるのでしょう?
現在では、MCUシリーズの登場キャラクター達をスピンオフでリミテッドシリーズとして展開が予定されています。ソーの弟であるロキを主人公にした作品「LOKI(原題)」やワンダ・マキシモフとヴィジョンの物語の「WandaVision(原題)」、この他にもキャプテン・アメリカでおなじみの2人、ファルコンとバッキーを中心とした物語、「The Falcon and The Winter Soldier(原題)」がDisney+で配信が決定されていますが、日本ではどうなるのか、気になるところです。
2019年6月現在では新情報は無いものの、2020年よりアジア各国でもサービスを開始するとの情報が出ています。しかし、日本ではディズニーデラックスのサービスが展開していることから、統合されるだろうという見方が強いようです。

ウォルト・ディズニー・ジャパンによれば、Disney DELUXEとDisney+は別サービスという位置付け。日本での動画配信は基本的にDisney DELUXEで行う予定であり、現時点でDisney+の提供は未定という。
出典元:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/07/news129.html

ディズニーデラックス作品ラインナップ

ディズニーデラックスについて、おおかたの概要については理解できました。では、作品ラインナップはどんなものがあるのか。現在配信されているものは、ディズニーのアニメ作品、実写映画作品、ディズニーデラックスオリジナル作品、PIXER作品、マーベル作品、スターウォーズ関連作品、の以上のものがラインナップとして配信されています。
※5月15日更新情報。
ディズニーデラックスは、毎週金曜日更新となっています。新しい作品などラインナップの更新は、金曜日に追加されています。
現在では、MCU作品は映画が18本でアニメなどのシリーズも含めると30作品も。スターウォーズは、映画ならば全作品など、圧巻のラインナップを誇るサービスとして、人気コンテンツの一端になろうとしています。
では下記にて、その中でおすすめする映画を簡単にピックアップしてみたので、参考までにご覧ください。

ディズニーデラックスオススメ作品18選※6月11日更新

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://marvel.disney.co.jp/content/disney/jp/marvel/movie/avengers-iw/home/_jcr_content/par/pickup_box_basic/image1.img.jpg/1530869501779.jpg

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

原題 :AVENGERS: INFINITY WAR
2018年4月27日より全国にて公開
2018年/アメリカ/150分
more

『遂にラスボス「サノス」が動き出す!』
ヒーロー映画の常識を覆した作品「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」はエンドゲームの前に絶対観ておきたい作品です!現在ディズニーデラックスでは、アベンジャーズ/エンドゲームの公開を控えて、MCUシリーズの配信を強化しています。他のMCU作品も多く取り揃えており、おさらいとして観るには最高の環境と言えるでしょう。

マーベル75年の軌跡 コミックからカルチャーへ!(2015年公開)

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が公開した時に記念に製作されたマーベル初の公式ドキュメンタリー。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』で映画史に残る記録を打ち立て続ける、MCUならびにマーベルの軌跡を追っています。
今では貴重なスタン・リーの生前のインタビューなどを含める関係者のコメントは、ファンならずとも必見の作品。こんなドキュメンタリーもディズニーデラックスならではの作品ラインナップです。

ブラックパンサー(2018年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNmVjODU1Y2Q[email protected]@._V1_.jpg

ブラックパンサー

ブラックパンサー

原題 :BLACK PANTHER
2018年3月1日より全国にて公開
2018年/アメリカ/135分
more

『文化を継承…王族のあるべき姿とは?』
MCU作品の中で、映画の内容以上に高評価を獲得した初めての作品と言えるのが「ブラックパンサー」です。
製作陣からキャストまで、黒人にこだわり、徹底して拘ったアフリカ系の文化を描いています。
そして、ティ・チャラ役は、シヴィル・ウォーで初登場となったチャドウィック・ボーズマンが務め、ヴィランとなるキルモンガーを、クリードで旬の俳優マイケル・B・ジョーダンが出演します。
謎に包まれていたワカンダ王国を舞台に、ブラックパンサーが堂々の単独作品デビュー。
下記リンク先には、さらに詳しく映画「ブラックパンサー」についての考察記事もありますので、合わせてチェックしてみては?
【ネタバレあり】映画『ブラックパンサー』の繋がりを紐解く!アベンジャーズへと繋がる物語をネタバレ解説 | 映画board

ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー(2016年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー

原題 :ROGUE ONE: A STAR WARS STORY
2016年12月16日より全国にて公開
2016年/アメリカ/133分
more

『伝説が始まる…その直前!』
スターウォーズサーガとして始まりを告げる、エピソード4の直前を描く物語 として、大ヒットを記録したスピンオフ作品。もちろんディズニーですから、スターウォーズシリーズのラインナップも豊富に揃えています。 2019年末にはエピソード9も公開が期待される注目シリーズです。

スター・ウォーズ〜伝説は語り継がれる(2007年公開)

スター・ウォーズにもドキュメンタリー作品が追加になっています。
2007年にアメリカのヒストリーチャンネルで、スター・ウォーズ第1作目から30年が経って公開されたドキュメンタリー作品。
歴史を紡ぐサーガを語り、ファンならばぜひともチェックしておきたい所です。
他にもスターウォーズ作品のラインナップは充実していて、旧3部作やハン・ソロなど他のサービスでは観る事が出来ない、豊富な作品群を揃えています。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(2011年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/1100.html

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉

原題 :Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides
2011年5月20日より全国にて公開
2011年/アメリカ/141分
more

『禁断の宝を求めて…』
ジョニー・デップの代表作、ディズニーランドの有名アトラクション「カリブの海賊」を基にした作品、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズも当然、ラインナップには入っています。現在全5作が公開になっているシリーズですが 、ディズニーデラックスではそのうちの4作が鑑賞できます。新たなリブートも噂される人気作品だけに一気に観られるのは嬉しいところ。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(2017年公開)

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

原題 :PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES
2017年7月1日より全国にて公開
2017年/アメリカ/129分
more

『ジャック・スパロー最後の冒険!』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』がラインナップに登場したことにより、ジョニー・デップによるジャック・スパロー作品は全てのシリーズが観られることに。
過去シリーズを彩ったキャストである、キーラ・ナイトレイやオーランド・ブルームが復帰を果たしたことで話題となり、懐かしい光景にファンならば感動ものの5作目です。

ローン・レンジャー(2013年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://m.media-amazon.com/images/M/[email protected]@._V1_.jpg

ローン・レンジャー(2013)

ローン・レンジャー(2013)

原題 :THE LONE RANGER
2013年8月2日より全国にて公開
2013年/アメリカ/149分
more

『名コンビ誕生?!』
日本でいう時代劇が中々ヒットしないのとほぼ同じ理由で、西部劇も中々にして難しいジャンルとされていますが、そこにあえて挑んだという黄金トリオの作品。
ジェリー・ブラッカイマーとディズニーとジョニー・デップという間違いないメンバーが集っていましたが、作品は残念あ結果に終わっています。その年の最低作品を決めるゴールデンラズベリー賞多数部門でノミネートしています。
それでも内容は、十分にエンタメ作品として楽しめるので、是非ご覧になってみてください。

ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー(2009年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/0926.html

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

原題 :High School Musical 3: Senior Year
2009年2月7日より全国にて公開
2008年/アメリカ/113分
more

『大切にしたい、今この瞬間』
キラキラの青春ミュージカル、ザック・エフロンとヴァネッサ・ハジェンズを一気に引き上げた「ハイスクール・ミュージカル」も未だに色褪せることなく人気の作品です。新作も発表になっており、このディズニーデラックスでの配信が期待されています。
ハイスクール・ミュージカルのスピンオフ作品「シャーペイのファビュラスアドベンチャー」も配信されています。

ナショナル・トレジャー(2005年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/0600.html

ナショナル・トレジャー

ナショナル・トレジャー

原題 :National Treasure
2005年3月19日より全国にて公開
2004年/アメリカ/131分
more

『伝説の秘宝、その鍵は独立宣言書?!』
平成のインディー・ジョーンズとして、スマッシュヒットを記録したニコラス・ケイジ主演のアドベンチャー映画、「ナショナル・トレジャー」。アメリカの各地を巡って解き明かしていく謎、明かされていく手掛かりにドキドキの展開が楽しい作品です。 当然続編もラインナップされていますので、ご安心を。

キャプテン・ウルフ(2005年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/0683.html

キャプテン・ウルフ

キャプテン・ウルフ

原題 :The Pacifier
2005年10月29日より全国にて公開
2005年/アメリカ/95分
more

『海軍特殊部隊のエリート、次なる任務はベビーシッター?! 』
ヴィン・ディーゼルの若かりし頃に主演した、隠れた名作と言われている「キャプテン・ウルフ」です。子育てをする上で当たり前に広がるその光景に、てんやわんやと奮闘する海軍エリートのヴィン・ディーゼルがとてもコミカルな作品。
しかしこの作品には随所に散りばめられた、隠された仕掛けがあり、それがとても秀逸なのです。
決して、ヴィン・ディーゼルだけが見どころでは終わらないところが、とてもディズニーらしい映画となっています。

リメンバー・ミー(2017年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html

リメンバー・ミー(2017)

リメンバー・ミー(2017)

原題 :COCO
2018年3月16日より全国にて公開
2017年/アメリカ/105分
more

『迷いこんだ先は、死者の国?!』
ギターの天才少年ミゲルと、ガイコツのヘクターが織りなすコンビが心地いい作品。配信サービスでは初登場となる、「リメンバー・ミー」はディズニーデラックスの中でも注目作品としてあげられています。圧倒的映像美は必見です。ピクサー作品は他にもラインナップされており、劇場公開作品以外にもたくさんあるのが魅力です。

メリダのおそろしの森(2012年公開)

『ピクサー初のディズニープリンセスが主人公の物語』
当時アイドル界のトップを走っていたAKB48の大島優子が、主人公メリダの吹き替えを担当したことでも話題になっていた作品、『メリダとおそろしの森』。
それだけではなくピクサー作品で初めての女性主人公であり、ディズニープリンセスとして輝きを放っていた映画です。
その証拠にアカデミー賞の長編アニメーション賞も受賞し、その年を象徴するアニメ映画となった人気作品がディズニーデラックスに追加されています。

インクレディブル・ファミリー(2018年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNzRhNjljNWQt[email protected]._V1_SY1000_CR0,0,717,1000_AL_.jpg

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー

原題 :INCREDIBLES 2
2018年8月1日より全国にて公開
2018年/アメリカ/118分
more

『待望の続編はなんと、14年ぶり!』
2004年に公開した「Mr.インクレディブル」の続編。
声優で前作でも活躍したサミュエル・L・ジャクソンがフロゾン役で続投しています。
前作から14年が経過して公開されていますが物語は、3ヶ月後の話。
<あらすじ>
法律でスパーヒーローの活動が禁止されてしまった世界。
そんな現実社会で苦悩する一家に、願っても無いチャンスが巡ってくる。
スーパーヒーローの大ファンで通信会社デブテックの社長であるウィンストン・ディヴァーと、彼の妹イヴリン・ディヴァーから、ヒーローの評価を再び取り戻し、活動再開できるように支援してくれるというのだ。
まずは、イラスティガールことヘレンが先陣を切ってヒーロー活動を再開する事に。
そして一家の父親であるMr.インクレディブルことボブは、ヘレンの代わりに主夫として家族を守るのだった。

アラジン(1993年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/studio/animation/0517.html

『きっかけは魔法のランプ』
アカデミー賞にも輝いた楽曲、「ホール・ニュー・ワールド」はいつまでたっても。色褪せる事はありません。今聴いても、ときめいてしまうのはディズニー名作の成せる技。実写化作品が話題となっている「アラジン」ですが、公開前におさらいは勿論しておきたいところです。

ノートルダムの鐘(1996年公開)

『実写化の製作が決定した重要作品』
実写映画化の製作が決定し、2019年に入って再注目を浴びている作品である『ノートルダムの鐘』もラインナップに入りました。
賛否が分かれ日本での知名度も低い作品ではありますが、劇団四季では舞台化もされており、評価はとても高い映画である『ノートルダムの鐘』。
ディズニー作品に置いて異質となる物語ではあるものの、人の本質を描くシリアスな作品として今も語り継ぐ人がいる重要な映画です。

ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女(2006年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/0824.html

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

原題 :The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and the Wardrobe
2006年3月4日より全国にて公開
2005年/アメリカ/140分
more

『冒険は、クローゼットから始まる』
ペペンシー兄妹の異世界での冒険を描いた有名なファンタジー小説。映画化は全3作品されていますが、ディズニーが製作を撤退したため、配信は2作目まで公開しています。3作目の配給は20世紀FOXなので、事業統合された現在では、近い内3作全てがラインナップされるとみられています。
Netflixがナルニアの全シリーズの製作を発表しましたが、このシリーズの存在を忘れてはいけません。ファンタジー映画の波を築いた名作として是非、チェックしておくべきシリーズです。

飛べないアヒル(1993年公開)

【Disney DELUXE】ディズニーデラックスで観られる、ディズニー映画おすすめ作品18選※6月11日更新

https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/0359.html

飛べないアヒル

飛べないアヒル

原題 :Mighty Ducks
1993年7月3日より全国にて公開
1992年/アメリカ/0分
more

『勝つことよりも、大事なものとは?!』
全3作品が製作された90年代初頭を彩るスポーツ映画。この時代は多くのスポーツ映画が作られており、その中の1作です。今でもとても珍しいアイスホッケーを題材とした映画で、子供達が可愛いサクセスストーリです。懐かしい!と思わず唸ってしまう人も中にはいるのでは無いでしょうか。

最後に

以上、ディズニーデラックスのオススメ映画を、いろんなジャンルからバラエティに富んだチョイスで15作品選んでみました。
6月11日に3作品追加し18選としています。そして当然ながら、これはまだまだ氷山の一角です。
映画だけではなくアニメやドラマ、今まで国内ではケーブルテレビなどでしか観ることができなかった作品など豊富なラインナップがあるディズニーデラックス。是非とも加入を検討してみてはいかがでしょう?


関連記事リンク(外部サイト)

【歌手も顔負け!】映画『シング』、有名女優と俳優たちの美声に聞き惚れる
『ゴーストバスターズ』新作にシガーニー・ウィーヴァーら、オリジナルキャストが出演へ!
遂に実写化?MCUにミズ・マーベルが参戦か?新たな情報が

映画boardの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき