ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

10万円で買えるおすすめチューナー内蔵4Kテレビ

10万円で買えるおすすめチューナー内蔵4Kテレビ

2018年12月に新4K8K衛星放送が始まり、テレビはついに4K時代に突入しました。「チューナー内蔵の4Kテレビってお高いんでしょ?」と思いきや、10万円以下のモデルも販売されています。そんな中、コスパ重視でチューナー内蔵4Kテレビを選ぶなら、Googleアプリで拡張できる4Kテレビがおすすめです。

4K番組を録画しながら裏の4K番組視聴

ピクセラからリリースされた「PIX-43VP100」は実勢価格99,800円というお手頃価格ながら、4Kチューナーを2基内蔵しているので、4K番組を録画しながら裏の4K番組を視聴できます。

そして、Androidを搭載した「スマートテレビ」ゆえ、拡張性の高さもポイント。Google Playから豊富なアプリをインストールしてカスタマイズが可能です。Googleアシスタントにより声で操作できる点も注目。1台であれもこれもしたいという欲張りな人に最適なモデルです。

画面サイズは43V型、チューナーは地デジ×3、BS・110度CS・4K×2、BS・110度CS×1となっています。HDRはHDR10、入力端子はHDMI×2、USB×2(録画用×1、サービスマン専用×1)。サイズ/重さは968.2W×610.7H×241Dmm/9.6kgです。なお、55V型もラインアップされており、実勢価格は118,000円となっています。

画質モードは4つのモードを搭載

PIX-43VP100の画質は2Kとの解像度の違いはもちろん、色の表現の幅が広く、実物により近い描写が可能。全体的に明るく彩度が高めです。

画質モードは4つのモードを搭載。ダイナミックに設定してライブ映像を見ると、コントラストや輝度が上がったことで躍動感がアップしたように感じました。自分好みのオリジナルの画質モードを設定し、登録することも可能です。

BS/110度CS 4Kチューナーを2基搭載しているので、4K番組を視聴しながら、別の4K番組を録画できます。なお、2019年3月現在、4Kチューナー×2基搭載モデルのテレビをリリースしているのは、ピクセラ・三菱電機・シャープの3メーカーのみです。

拡張性が広がるアプリはGoogle Playからインストール。動画サイトはYouTube・dTV・AbemaTV・U-NEXTなどがラインアップ。NetflixとAmazonビデオは非対応なので、別途FireTVなどを用意する必要があります。

キーボード・マウス・イヤホンなどをBluetoothで接続可能。リモコンに音声検索機能はあるものの、キーボード入力もできた方が便利でしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき