ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゾンビと高校生がミュージカル!? 「アナと世界の終わり」5月31日(金)公開!

TOP画(C)2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.
【ストーリー】イギリスの田舎町リトル・ヘブン。高校生のアナは、幼い頃に母を亡くし父トニーと二人暮らし。学校では、ダサい幼馴染のジョン、暑苦しいほどラブラブなカップルのクリス&リサ、嫌がらせが止まらないオラオラ系の元カレ・ニック、SNSでソウルメイトを探し続けるステフなど、くだらない連中ばかり。
このパッとしない生活から抜け出したいアナは、大学に進学せずに世界を旅することを計画していた。そのチケット代を稼ぐため、トニーに内緒でジョンと一緒にバイトに励んでいた。ジョンは、アナの願いを応援しながら密かに想いを寄せているのだった。 
あるクリスマスの日、旅行の計画がバレてしまい、アナとトニーは大ゲンカをする。夢も希望もないこの町にウンザリしていたアナは、バイトの帰り道にジョンに励まされ、少しだけ元気を取り戻すのだった。 翌朝、気持ちを切り替えたアナはジョンと一緒にいつも通り学校へ向かう。その途中、スノーマンの着ぐるみを着た血だらけの男が突如現れ、ジョンに襲いかかる。その瞬間、アナは公園にあったシーソーを使って男の頭を吹き飛ばす!なんと、男の正体はゾンビだったのだ!幸運にも危機を回避できたが、ゾンビを信じようとしないアナに、ジョンはすぐにこの町から脱出しようと説得する。
 しかしアナは、昨夜のケンカの事をトニーに謝りたかったのだ。父を探すことを決意したアナと、アナの願いを応援し続けるジョン。二人は、クリスマス学芸会のため学校に取り残された父とクラスメイトを救出するべく、この町のゾンビたちと戦う覚悟を決めるのだった。
果たして、アナはみんなを助け出し、この町を脱出することはできるのか―!?そして、腐ったように生きてきたこの人生にケリをつけることができるのか―!?「アナと世界の終わり」公式HPhttp://anaseka-movie.jp/
【予告編】(C)2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.
『アナと世界の終わり』は、アメリカ「ファンタスティック・フェスト」で行われたワールドプレミア上映をきっかけに世界各国のファンタスティック映画祭で上映された。批評家からも評価が高く、劇場公開前から話題沸騰となる。また、スペイン「シッチェス・カタロニア国際映画祭」ミッドナイト・エクストリーム部門で最優秀作品賞を受賞するほか、イギリス「エディンバラ国際映画祭」、オランダ「アムステルダムド映画祭」、韓国「富川国際ファンタスティック映画祭」などで上映され世界中の映画ファンたちを熱狂に震わせた。
画像1(C)2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.
本作は2010年英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)で受賞した短編映画“Zombie Musical”をベースにしている。この短編は、ライアン・ゴズリングの出演シーンにシリアルを食べさせようとする動画(Ryan Gosling Won’t Eat His Cereal)を作った故ライアン・マクヘンリーが監督をしている。そして、彼の遺志を引き継いだジョン・マクフェール監督らによって、長編映画として完成された。海外の批評家からは、“『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『ラ・ラ・ランド』の出会い!”と評され、「ゾンビ」×「ミュージカル」という二大ジャンルの奇跡の融合に成功した本作は、新たな映画史の1ページとなること間違いなし!

(written by Makoto)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【まだ間に合う】「アベンジャーズ/エンドゲーム」を楽しむためにどうしても観ておいてほしいMCU映画【気を付けろ!】SNSでの「ネタバレ被害」が相次ぐ。
「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」4月27日(土)公開!

ゾンビと高校生がミュージカル!? 「アナと世界の終わり」5月31日(金)公開!
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。