ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

このレイアウトが最強!大注目の未来型メカニカルキーボード『X-BOWS』

X-BOWS
日常的にPCの作業をする方やPCでゲームをする人にとって、メカニカルキーボードはすでになくてはならないツールの一つになりました。
メカニカルキーの独特な打鍵感は多くの人を魅了し、ポピュラーな青軸に始まって赤軸や茶軸など、スタイルに合わせて最適なものを選べるのも大きなポイントです。
しかし、そんなメカニカルキーボードも通常のレイアウトでは腕に負担をかけるばかり。私達はさらに次の次元を目指す必要があります。
キーボード
人間工学に基づいたキーボードは数あれど、中央に“ENTER”が配されているキーボードを見たことがありますか?
X-BOWS』は米クラウドファンディングサイトKickstarterにおいて、2,500万円以上の資金調達に成功した特別なキーボードです。
現在のPCライフをさらにクールに、もっとファンタスティックな体験に変えたいなら、このメカニカルキーボードを使用しましょう。


劇的に改善されたキーレイアウト

X-BOWS』は人間工学に基づいたデザインで、手や手首かかつ負担を最小限に抑えながら、効率よくタイピングができるように設計されたメカニカルキーボードです。
専用ケースに入れてノートPCと一緒に持ち歩くことができますし、スタイリッシュなデザインはどこで使用しても注目を集めること間違いなし。
X-BOWS
X-BOWS』の最大の特徴は、ENTERやDELETE、SHIFTやCTRLキーが中央にレイアウトされていることで、これらを両手の親指で押すことができます。
革新的なレイアウトと魅力的なデザインにより、全てのユーザーにかつてないキーボード体験を提供してくれるでしょう。
革新的なレイアウト

多彩なLEDファンクション

私達がタイピングを行うシーンというのは様々ですが、いずれにしても楽しいほうがいいに決まっています。
オフィスでの使用以外であれば、自宅でもカフェでも好みのLEDファンクションで手元を彩りましょう。
LEDファンクション
LEDは輝度配色方向速度タイミンググラデーションまで様々なカスタマイズが可能、オフにすることもできますがメカニカルキーボードで光らせないというのはなんとも勿体無いですね。
ちなみに光らせるためにはLEDファンクションバーションを選ぶ必要があり、ノンLEDはファンクションバージョンを選んだ場合はこれの限りではないので気をつけましょう。
LEDファンクション一例

10万回のテストをクリア

ユーザーがーメカニカルキーボードに移行する理由の一つに、優れた耐久性が挙げられます。
X-BOWS』の製造工程ではキーボード自体の耐久性はもちろんのこと、同時にキーを押した場合のバグに対するテストも行われたようです。
キースイッチの耐久性テスト
ユーザーの使用頻度によって異なるものの、ヘビーユーザーでも安心して長期に渡って使用することができるでしょう。
キーキャップは取り外して定期的にクリーンアップできますし、ソフトを使用すれば配置をお好みで変更することも可能です。
同時押しによるバグテスト

マイキーボードは『X-BOWS

ケーブルが着脱できる『X-BOWS』は携帯するのに最適。オフィスやカフェ、自宅と場所を選ばずにマイキーボードとして活用できるでしょう。
プリセットのメカニカルキーは青・黒・茶・赤の4色からチョイスが可能で、初めてのメカニカルキーボードなら青軸を選んでおけばまず後悔がありません。
青軸
価格はノンLEDファンクションバージョンが18,900円(税込)~、LEDファンクションバージョンが22,900円(税込)~となっています。
発送は2019年7月~8月ごろを予定しているとのことですので、今のキーレイアウトや打鍵感に不満があるなら『X-BOWS』に乗り換えてみてはいかがでしょうか。
X-BOWS
参照元:camp-fire.jp
合わせて読みたい:

MYキーボード最高!超薄型ワイヤレスメカニカルキーボード『Taptek』

マイクロソフト Sculpt Ergonomic Keyboard for Business

関連製品│マイクロソフト Sculpt Ergonomic Keyboard for Business ¥5,676
Amazonで見る

※掲載価格は2019年5月14日時点のものです。

関連記事リンク(外部サイト)

【レビュー#46】ハイブリット型IoTウォールクロック『Clance Clock』が最高
今、紙がアツい!紙製の軽くてエコな親子デイパック『CLUCREAT』
8段階の温度調節機能つき!コンパクト×大容量な卓上ウォーターサーバー『DEEMCO』

デジタル・IT
HACKTSUの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき