ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【台湾】九份・基山街で食べ歩きの定番!地元民に愛される「阿蘭草仔粿」の草餅とは

九份食べ歩き1
(C)MayuTsutsui

 

「阿蘭草仔粿」とは

阿蘭草仔粿1
(C)MayuTsutsui

台湾の観光スポットである九份。そんな九份のメインストリートにあたる基山街に一際行列を作るお店を発見。

阿蘭草仔粿2
(C)MayuTsutsui

それが「阿蘭草仔粿」(アーランツァオツァイクー)というお店です。基山街で3世代続く老舗のお店で、常に多くの人で賑わいを見せています。

草仔粿とは、日本の草餅やよもぎ餅のようなスイーツ。春の七草の一つであるゴギョウを練りこんだもちもちの草餅のことで、台湾では伝統的なおやつとしてお正月や帰省のお土産にするそうです。

阿蘭草仔粿3
(C)MayuTsutsui

阿蘭草仔粿4
(C)MayuTsutsui

店の奥では、一つ一つ丁寧に作られています。店頭は混雑していますが、商品が限られているので列はすぐに流れて数分ほどで購入できました。

 

定番の「甜紅豆」を実食

九份食べ歩き1
(C)MayuTsutsui

草仔粿は1つ15元。小豆や緑豆、干し大根など4種類のアンがあります。今回はお店の方オススメの小豆が入った「甜紅豆」を頂きました。

九份食べ歩き2
(C)MayuTsutsui

あっさりとした小豆が、甘すぎず食べやすいのが特徴。生地には、もち米とタロイモを使用しているので日本の草餅よりもお餅が柔らかくモチっと感が強い印象です。

1つずつ袋に入っているため、手が汚れる心配が無いのも嬉しいポイントですね!食べやすく、食べ歩きにも最適な一品。九份を訪れた際は、「阿蘭草仔粿」の草仔粿で小腹を満たしつつ、お土産を探すなどしてみてはいかがでしょうか。

 
「阿蘭草仔粿」
住所:新北市瑞芳區基山街90號
電話:(02)24967795
営業時間:9:00〜20:00(土・日曜〜21:00)
休み:無休草仔粿 1つ 15元
※現金のみ

九份については、以下の記事も人気です!
『【台湾】九份は台北からすぐ!おすすめのお土産と食べ歩き、街並み散策まで』
『まるで異世界!神隠しに遭いそうな、情緒ある台湾の町「九份」』

【台湾】九份・基山街で食べ歩きの定番!地元民に愛される「阿蘭草仔粿」の草餅とは
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき