ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JR貨物と関光汽船、東京−中国韓国を下関経由で小口輸送

JR貨物と関光汽船、東京−中国韓国を下関経由で小口輸送

JR貨物は、関光汽船とともに、東京と中国・韓国を下関経由で結ぶ小口貨物の輸送を開始した。
JR貨物グループ 日本フレートライナーが東京貨物ターミナル駅構内で運営する東京ICD(インランドコンテナデポ)を活用。
今回の下関経由小口輸送は、国内鉄道コンテナ輸送と国際RORO船・フェリーを組み合わせ、中国・韓国向けの輸出貨物を3~4日で輸送。
国内輸送は定時性の高い鉄道を利用し、リードタイムを向上。トラック輸送の手配が不要となり、安心・確実に輸送できる。
◆輸送区間
東京→中国(太倉、青島、大連)、韓国(釜山)間
◆鉄道区間
東京貨物ターミナル駅(東京都品川区)→下関駅(山口県下関市)
◆輸送回数
青島行き・釜山行き週3回(東京発火・木・金曜日)
太倉行き週2回(東京発火・金曜日)
大連行き週1回(東京発木曜日)
◆輸送開始日
2019年5月中旬から
◆効果
(1)国内輸送をトラックから鉄道に切り替えることでリードタイムを短縮。トラック手配を不要とし、安心・確実に輸送できる。
(2)輸出貨物を東京ICDでJR12ftコンテナに積み替えることで、小口貨物を東京から下関まで鉄道輸送。太倉・釜山行きはJR12ftコンテナによる一貫輸送も実施する。

関連記事リンク(外部サイト)

東芝インフラシステムズ、台湾鉄路 通勤電車520両むけ主回路システム電気品一式を受注
日立、台湾鉄路管理局から都市間特急車両600両受注

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。