ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

人気声優・山本希望&福原綾香&金子有希の“マーベル女子会” 『キャプテン・マーベル』ほかMCUの魅力を語り尽くすッ!【前編】

大ヒット劇場公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』につながる、マーベル映画初の女性ヒーローが活躍する『キャプテン・マーベル』(6/5(水)先行デジタル配信開始、7/3(水)MovieNEX発売)を声優の山本希望さん、福原綾香さん、金子有希さんが3人そろって鑑賞。もともと交流があり、会うときはマーベルの話で盛り上がっているという”マーベル女子”の3人。『キャプテン・マーベル』を見た興奮そのままに、熱いマーベル談義を展開してくれました。

【山本希望】
やまもと・のぞみ。声優。8月9日生まれ。青森県出身。「アイドルマスター シンデレラガールズ」などに出演。立花千鶴役で出演した「なんでここに先生が!?」(TOKYO-MXほか)が放送中。Twitterのフォロワー数は14万人以上

【福原綾香】
ふくはら・あやか。声優。12月31日生まれ。鹿児島県出身。「アイドルマスター シンデレラガールズ」や2018年から放送されたアニメ「キャプテン翼」に岬太郎役で出演。TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」(TOKYO-MXほか)にヴェロニカ・ソーン役で出演中

【金子有希】
かねこ・ゆうき。声優。1月19日生まれ。福岡県出身。「聲の形」「アイドルマスター シンデレラガールズ」などに出演。「けものフレンズ2」ではカルガモを演じた。ヴォーカルユニットKleissisのメンバーとしても活動中

――今回、3人で『キャプテン・マーベル』を見ていかがでしたか?

山本:私にとって”ふーりん”(福原)は同じ事務所の後輩。ねこさん(金子)とはお互いにマーベルが好きすぎて”マーベル女子会”を開いたこともあるんです。今日はこの3人で一緒に『キャプテン・マーベル』を見ることができてすごく楽しかったです。

福原:のじょさん(山本)はマーベルの面白さを教えてくれた”師匠”です! 以前、”マーベル女子会”にも誘ってくれたんですが、スケジュールが合わず参加できなくて…。だから今日はのじょさん、ねこさんと集まれて、うれしい。

金子:私も! いつもはひとりで映画館に見に行くので、こうしてみんなで見に行って感想を語り合うのがすごく楽しいです。ちなみに『キャプテン・マーベル』は今回で3回目。

山本:3回はすごい! 私は2回目だけど、2回目ならではの発見があったし、1回目と同じようにテンションが上がりました。

福原:そうそう。まず、オープニングで「MARVEL」のロゴが出てくるときにもう…。昨年、亡くなったスタン・リーさん(マーベル・コミック原作者)の顔が出てきて。

山本:あそこね!

金子:あれを見た瞬間、アガるよね。渋谷の映画館で見たので、外国人のお客さんも多くて、スクリーンに「サンキュー、スタン」という文字が出たら、みんな拍手していました。

福原:私もそれを見て、こんなに愛されている幸せな原作者って、他にいないんじゃないかな?と思いました。

山本:スタン・リーさんはこれまでの映画にカメオ出演してきたけれど、『キャプテン・マーベル』も生前に撮影したらしくて、出てきてホッとしたよね。しかも、今回は(運転手や配達員ではなく)本人役で、物語の舞台である1995年にやっていたことを再現しているという…。

金子:のじょさん、さすがに詳しい(笑)。


▲MCUに関するアツい想いと知識がたまらない! 山本さんのつぶやき。

一番好きなキャラクターは?「浮気者なので全員好きで、“箱推し”です(笑)」

――そもそも皆さんが一番好きなマーベルのヒーローは誰ですか?

福原:ひとり選ぶとしたらブラックパンサーです。ワカンダの王でありヴィブラニウムでできた爪を持つ彼。「能ある鷹は爪隠す」と言いますが、そんなロマンを感じますね。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初めて出てきたときは復讐に燃えているダークヒーローというイメージだったけれど、主役になった『ブラックパンサー』では純粋な青年。ちょっとシャイなところもあるし、お父さんの苦悩もわかってくるというところに共感できました。妹のシュリちゃんもすごく魅力的で…。

山本:私もシュリちゃん好き!

金子:私はマーベルにはまったきっかけがスパイダーマンで、今、トム・ホランドさんが演じているスパイダーマンが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に出てきたときはうれしかったです。スパイダーマンってもともとおしゃべりなんだけど、トム・ホランドさんのスパイダーマンは子供っぽく見えて、そこがかわいい!

山本:私はやっぱりキャップことキャプテン・アメリカの不器用なところが好き。でも、他のヒーローたちにもそれに負けないぐらい愛情があるの。

金子:わかる。私も浮気者なんで全員好きです。マイティ・ソーや弟のロキも好きだし、もう、マーベルのヒーローは”箱推し”。

山本:好きにもいろいろあって、恋人にしたい人と結婚したい人は違うじゃない? 結婚するならキャップで、付き合うならスター・ロード(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)がいいかな。ノリがよくて楽しそうだから。

金子:私は誰にしよう。付き合うなら”天然ちゃん”のソーがいいかな。神経質な感じの人よりも天真爛漫な人が好きなので。

金子:よく話題になるのが、キャップ派かアイアンマン派か。キャップと付き合うと、真面目な人だから、ちょっと気を遣いそう。一方、アイアンマンはメンタルが弱いので、私が支えてあげなきゃってプレッシャーがかかりそう。

山本:大丈夫だよ。アイアンマンには婚約者のミス・ポッツがいる(笑)。

金子・福原:たしかに!

――『キャプテン・マーベル』に出てきた男性キャラクターはどうでしたか? 後に平和維持諜報機関S.H.I.E.L.D.(シールド)の司令官となるフューリーの若き日と、エージェントのコールソンが新入りだった頃が描かれました。

金子:最初に見たときは、フューリーとコールソンが若い!って驚きました。

山本:『アベンジャーズ』と同じキャスト、サミュエル・L・ジャクソンさんとクラーク・グレッグさんが演じているのにめっちゃ若くて…。コールソンなんて目がぱっちり (笑)。今のCGの技術は本当にすごいなって思いました。

金子:本当に。今だからこそ、こんな若い時代の映画が作れたのかも。

山本:コールソンにはドラマシリーズの『エージェント・オブ・シールド』があるけれど、映画では本当に久しぶりの登場。逆に、彼のことを知らないと、「どうして、この新人、決めカットが多いんだろう」って不思議に思うかもしれない。

金子:コールソンのファンは結構多いから、みんな喜んだよね。フューリーとコールソンだけじゃなく、「この脇役キャラ、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも出てきた」という気付きもありました。また『アベンジャーズ』から見直したくなっちゃった。

福原:舞台になっている1995年の時代考証も面白かったですよね。なんだか見覚えのある格ゲー(格闘対戦ゲーム)もやっていたし。

金子:ゲームボーイも出てきたよ。今回、見たのが3回目だから気づいたんだけど

福原:キャロルがネット検索する場面も、当時の回線が遅いからすごく時間がかかっていて、PCの起動音で「ドゥウン」って鳴るのを久しぶりに聞きました(笑)。

山本:たしかに『アベンジャーズ』シリーズは何もかもが最新のマシンで速くて、こんなレトロな感じはしないから新鮮でしたね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき