男山ケーブル、名前も車体デザインも刷新! 長いしキラキラ

access_time create folder生活・趣味



京阪電気鉄道は、八幡市と男山山上を結ぶ鋼索線 男山ケーブルの名称と車両を刷新。駅名もあわせて更新する。
車両デザインコンセプトは、「陽(赤)の遣い」と「月(黄)の遣い」。
片方が昇ると片方が下るケーブルカーを「太陽」と「月」に見立て、それぞれが発するひかりを表現。
石清水八幡宮の社殿、京阪特急伝統のツートンカラーの組み合わせをモチーフに、陽(赤)は「あかね」、月(黄)は「こがね」と車両の愛称も新たに設定。
6月19日から外観・内装ともに更新して運行する。
また、10月1日からは、鋼索線の通称・駅名の変更も実施。通称を「男山ケーブル」から「石清水八幡宮参道(いわしみずはちまんぐうさんどう)ケーブル」に、駅名をケーブル八幡宮口(はちまんぐうぐち)駅、ケーブル八幡宮山上(はちまんぐうさんじょう)駅へとそれぞれ更新。
あわせて駅舎ファサードの美装化も実施する。

関連記事リンク(外部サイト)

大阪環状線が6/8に323系投入完了、201系が運用から外れる
新たな観光列車の愛称は「うみやまむすび」に決定――JR西日本発表
阪急と阪神の電車、初のSDGs共通デザイン_5/27から運行開始

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧