ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)配信日と事前登録の情報-アプリゲット

ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)配信日と事前登録の情報-アプリゲット

XD.COMがおくる新作「ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)」の最新情報、事前登録情報をまとめています。

ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)の事前情報

配信時期

配信時期の情報は2019年配信予定となっています。
2019年12月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕の4Pに「なお、本作の日本でのサービス開始は2019年内を予定しており、現在配信準備を行っております」との記載があります。

事前登録情報

現状ありません。情報が公開され次第、追加いたします。
 

事前情報まとめ

配信日
2019年配信予定
配信会社
XD.COM
ジャンル
MMORPG
対応OS
Android、iOS
価格
基本無料
ベータテスト
現状なし
コピーライト
(c)2018 All Rights Reserved xd.com
公式サイト
ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)公式サイト
公式Twitter
日本版はなし

【2018/11/14】ガンホーの決済資料にて日本での配信が準備中と発表!

ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)

韓国版リリース開始!

2018年3月14日、スマホ版MMORPG「ラグナロクオンラインモバイル:永遠の愛」(※タイトル名は韓国語版タイトルを日本語へ直訳したものです。日本での正式サービスはアナウンスされておりません)の韓国版が正式リリースされました。
韓国版の公式サイトもオープン:http://rom.gnjoy.com/
ラグナロクオンラインモバイル
ラグナロクオンラインモバイル
ラグナロクオンラインモバイル
※画像は、韓国版のものです。

実は日本語主題歌&ボイスが収録されている!海外でも大人気のMMORPG

「ラグナロクオンライン モバイル」は日本で一大ムーブメントをおこした大人気MMORPGのスマートフォン版です。
2010年にAndroid向けアプリとしてガンホーから「ラグナロクオンライン Mobile Story」がリリースされていましたが、そちらとは違う完全新作が海外でリリースされています。
開発・運営はガンホーの子会社である韓国Gravity Corporationが行っており、台湾・香港・マカオで配信され、去年の暮れに韓国でも配信が決まりました。
2018年2月2日に開示されたガンホーの決算説明会資料においても「ラグナロクオンライン」関連のモバイルゲームがグループの収益の貢献し始めていることを明らかになっています。

ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)の注目ポイント1

ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)
ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)
ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)
ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)
ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)
海外で配信されていますが、世界観やUIの雰囲気はラグナロクオンラインと同じ。
マスコットキャラであるポリンも登場します。
クエストを受注してゲームを進めていくMMORPGらしさもあり、原作と同じ感覚で遊べるようです。

ラグナロクオンラインモバイル(ラグナロクM)の注目ポイント2

本作の日本におけるサービスは発表されていませんが、上部PVを視聴してもらえると分かるように日本語の歌詞でテーマソングが歌われています。
ゲーム内でも中国語の音声に加えて日本語の音声が実装され、喜多村英梨、石田彰、井上和彦、大谷育江(※敬称略)など人気声優のボイスを聞くことができます。
日本に向けた仕様が多く、今後の展開にも注目したいアプリですね。

事前登録中の新作アプリ配信カレンダー

アプリゲット編集部で期待の新作アプリ情報をリリース予定時期ごとにまとめた配信カレンダーを更新中です!
事前登録中の新作ゲームアプリ配信カレンダー

関連記事リンク(外部サイト)

サイコロを転がし役をそろえてモンスターを倒す放置系RPG!役×倍率ドンでインフレダメージ!-アプリゲット
劇的采配!プロ野球リバーサル 配信日と事前登録の情報-アプリゲット
MU(ミュー):奇蹟の覚醒 配信日と事前登録の情報-アプリゲット

アプリゲットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。