ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

鏡の向こうに“何か”がいる! ホラー映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』お母さん絶叫の本編映像解禁[ホラー通信]

『ラ・ヨローナ ~泣く女~』本編映像

待望の日本公開を迎えた映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』より、本編映像が解禁となりました。

夫を恨んで我が子を殺し自らも命を絶った女が、強力な怨念となり、子供をさらっていく……それがラ・ヨローナ。このヨローナの呪いをうつされてしまったのがリンダ・カーデリーニ演じるソーシャルワーカーでシングルマザーの主人公アンナです。


子供たちも寝静まった夜、部屋になにかの気配を感じたアンナ。「誰かいる?」と尋ねるも返事はありません。「夫は警官よ! じきに帰ってくる」と嘘をついて警告しますが、それでも返事はなく、なおも不穏な気配はやみません。ふとその背後で子供部屋のドアが開く音が。そこに寝ているのは娘のサムです。誰かが子供部屋に入った……? そのとき、閉じかかったドアにかけられた鏡が、死角になった部屋の中を映し出します。そこに映っていたのは不気味な女の姿! アンナは思わず叫ぶ!「あ゛あ゛ああぁぁぁぁぁ!!」

我が子の部屋に誰かがいる、そしてそのドアが今にも閉じられようとしている。恐怖と危機感と焦りが混ざりに混ざったアンナの心情が、ただの「キャー!」ではない「あ゛あ゛ああぁぁぁぁぁ!!」の叫び声に表現されている素晴らしいシーン。このあとどうなってしまうのかは、ぜひ劇場で……。

映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』
全国公開中

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき