ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

映画『ジョーカー』日米同日公開が決定 不気味に笑うホアキン・フェニックスにゾクッ

DCコミックスの『バットマン』シリーズに登場するヴィラン(敵役)の中でもトップクラスの人気を誇るジョーカー。ホアキン・フェニックスを主演に迎えそのオリジンを描く映画『ジョーカー』が、日米同日の10月4日(金)に公開されることが決定しました。

ジャック・ニコルソン(『バットマン』)、ヒース・レジャー(『ダークナイト』)、ジャレッド・レト(『スーサイド・スクワッド』)など、過去にも名だたる名優たちが演じてきジョーカー。

原作でもそのオリジンは様々な描かれ方がされてきましたが、このたび到着した特報では、孤独な大道芸人アーサー・フレックが“犯罪界の道化王子”へと変貌していく姿が描かれています。

映画「ジョーカー」特報【HD】2019年10月4日(金)公開(YouTube)
https://youtu.be/_wfFhGNpW-U

おなじみの白い肌に緑色の髪、口が裂けたようなピエロのメイク姿も披露し、「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」というセリフが印象的。

映像の途中には、ジョーカー誕生にかかわっていくキャラクターとみられる、トーク番組の司会者役ロバート・デ・ニーロの姿も確認できます。

監督は『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。『ザ・ファイター』でアカデミー賞脚本賞にノミネート経験もあるスコット・シルバーが、フィリップス監督と共に脚本を手がけます。

アメコミ映画の公開が大渋滞の今年、DCお得意のダークな路線を突き進みつつ、(歪んだ?)ユーモアも忘れない作品が期待できそうです。今度はどんなジョークをかましてくれるのか、不気味なトリックスターから目が離せません!

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき