「攻めてる」「アートっぽい」 『Netflix』のアニメ『リラックマとカオルさん』広告が皮肉すぎる

access_time create folder映画

『Netflix』オリジナルシリーズの『リラックマとカオルさん』の電車内広告が、「攻めてる」「アートっぽい」と『Twitter』で話題となっています。

通路上に「スキャンダルを追いましょう」「英語を身につけましょう」、壁側に「自己啓発をしましょう」「お金持ちになりましょう」「自分にご褒美をあげましょう」「糖質を気にしましょう」、ドア横に「風邪でも頑張りましょう」といった文字が踊る『リラックマとカオルさん』の広告。「都会に住みしょう」と「郊外に住みましょう」が並んでいるあたり、不動産広告あるあるです。ツイートをみた人からは、「だいたいどの広告かわかる」「位置も完璧」といった反応が寄せられていました。

一方で、『リラックマ』がアイロニー溢れるメッセージを出していることに驚く声も。

リラックマなのに広告は攻めたなw リラックマというキャラだから余計に毒々しさが出て良い感じ。

「広告の空虚さを表している」という感想のほか、広告代理店にとっては「ブーメランでは?」という疑問も上がっていたこの電車内広告。アニメのカオルさんは都内の小さな商社で働くごく普通のOLで、真面目な性格から日常にストレスを溜めがちな様子なので、そんな彼女が通勤中にどう広告を認識しているのか、ということも表しているのかもしれません。

リラックマとカオルさん(Netflix)
https://www.netflix.com/jp/title/80196883 [リンク]

(c)SAN-X CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

access_time create folder映画

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧