ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

“ウルトラマンの街”に行ってきた! 円谷英二の故郷・福島県須賀川市

こんにちは、Netflixのフル3DCGアニメ『ULTRAMAN』にハマっているよしだです。過去最長の10連休となった今年のGWは、M78星雲 光の国……の姉妹都市である福島県須賀川市を訪れました。

須賀川市は、“特撮の神”であり、円谷プロダクションの創業者である円谷英二氏の出身地。これが縁となり、2013年5月にウルトラマンの故郷であるM78星雲 光の国と姉妹都市提携が行われたのです。

須賀川市の街ナカには、至る所にウルトラヒーローたちの姿が。

▲須賀川市駅前のモニュメント

▲福島空港のウルトラマンティガ巨大立像

▲福島空港にあるウルトラマンポスト

そしてファンなら必ず訪れるべきは、須賀川市の中心市街地である松明通り、通称・ウルトラマン通り

円谷英二氏の生家跡近くにあるこの通り沿いには、ウルトラヒーローや怪獣たちのモニュメントが、ずらずらっと全13体並んでいます。

▲ウルトラマン

▲ピグモン

▲エレキング

▲ベムスター

▲ゾフィー

▲ウルトラマンエース

▲ウルトラマンタロウ

▲ウルトラの母

▲ゼットン

▲ウルトラマンジャック

▲ウルトラセブン

▲ゴモラ

▲カネゴン

さらに、付近の新市庁舎入り口ではウルトラの父の巨大モニュメントがお出迎え。

また、松明通り沿いの市民交流センター内には、今年1月に円谷英二ミュージアムがオープン(入場無料)。

こちらではゴジラを中心に特撮メイキング映像、ジオラマ・造形物の展示、さらには特撮に関連する図書を自由に閲覧でき、円谷英二氏の68年間のあゆみや人となりを存分に知ることができます。

市民交流センター内でも怪獣たちのモニュメントを発見。

紹介した以外にも、街を歩いているとウルトラマンに関連したグッズやグルメ、お土産品を数多く目にすることができました。円谷英二氏の故郷・福島県須賀川市でウルトラな体験を!

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき