「おさんぽ BINGO」~見慣れた景色が話しかけてくる

access_time create folder生活・趣味
25476_01.jpg

お散歩を競い合う?

254768_02.jpg
家族、友達、恋人と一緒にお散歩に出かけましょう。ご近所や公園、いつもの見慣れた風景です。でも「おさんぽBINGO」があると、ちょっと景色が変わります。

BINGOのイラストにある風景に出会えても、出会えなくても新しい発見があります。

「こんなところにクローバーがあった?ラッキー」
「なんで今日に限って、交番におまわりさんがいないの?」

お散歩中の会話も弾みます。しかし、相手はライバル。同じものを見つけてもBINGOの穴がどこに開くかは運しだい。縦横斜め、先に開いた方が勝ちです。

イラストがひとひねり

254768_03.jpg
おさんぽBINGOの魅力は、イラストの可愛さと、そのキャラクターのひとひねり具合です。例えば、お散歩中、蟻ならなんとか見つかりそうですが、「ありのぎょうれつ」となると公園を隈なく探さなくてはいけないかもしれません。

254768_04.jpg
夏休みに海辺で「すなよく」を探そうとしても、このイラスト通りにはいかないかもしれません。

何匹なら行列なのか、どこまでの造形美を「すなよく」として認めるのかは、一緒にお散歩をしている人と相談しましょう。

バージョンも豊富

「おさんぽBINGO」の人気はじわりと広がりつつあり、バージョンも増えてきました。まち/はる/なつ/あき/ふゆ/すいぞくかん/うみ、の定番7種類に、「TOKYO」、そして、「座間味村」が加わりました。

254768_05.jpg
「TOKYO」では通常5マス×5マスのBINGOが7マス×7マスになっており、英語表記になっています。

イラストには「Osumo san」「Saigo don」に加え、「JK」や「Figure」などもあり「TOKYO」カルチャー全開です。

「おさんぽ BINGO」~見慣れた景色が話しかけてくる
「座間味村」は、沖縄県の那覇から船でおよそ1時間のケラマ諸島にある小さな村です。3つの有人島で一つの村になっていて、「座間味島BINGO」と「阿嘉・慶留間島BINGO」の2種類が入っています。

254768_06.jpg
「しんごうき」や「シカのおしり」など、それぞれの島にしか存在しないイラストが盛り込まれているため、2つを完成させるためには村内連絡船で海を渡る必要があります。ちょっとした冒険の始まりです。

同じ場所でも景色は、季節や時間で変わり、一緒に歩く人で変わります。「おさんぽBINGO」は小さなきっかけですが、いつもの風景が新しい話、気が付かなかった話を語りかけてくると思います。
 
おさんぽBINGO
http://www.bun-ken.jp/item/002/
 
[A Photo by shutterstock.com]
「おさんぽ BINGO」~見慣れた景色が話しかけてくる

access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧