ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

面白いのに「笑えない」!? コミック「社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった」第1巻がKindleで50%オフ

現在マンガやライトノベルなどでは、いわゆる異世界転生モノの作品が多数生み出され、人気作品がアニメ化されるなどしているようである。

さまざまな作品がある中、一風変わったシチュエーションの作品が結城鹿介先生原作、髭乃慎士先生作画の「社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった」。

新卒でブラック企業に入社して3年、筋金入りの社畜OLかすみ(20)が、
ウルトラホワイト企業に転生!? ブラック企業の常識に染まったかすみは、
ホワイト企業の文化になじめるのか!?

ブラック企業で働いていた社畜OLが超ホワイト企業に「転生」、両者の違いに日々ショックを受けるというもの。

5月1日現在、KADOKAWAの『ComicWalker』で読むことが可能。

社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM19200517010000_68/[リンク]

また、コミックス第1巻が『Amazon』の電子書籍Kindleで50%オフとなっている。
『Amazon』では32件のレビューが寄せられ5つ星のうち4.5と高評価。
転生先の超ホワイト企業と転生前の超ブラック企業の対比が面白いのだが、描かれているブラック企業がシビアでリアルなこともあってか「笑えない」という感想もあったりするようだ。ご自身が働いている環境がホワイトかブラックかによってそれぞれ感想も異なるかもしれない。
興味のある方、お読みになってみてはいかがだろうか。

※画像は『Amazon』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき