ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

過去最大規模に!「赤坂蚤の市」5周年スペシャル企画に200店以上集結

akasaka-nominoichi_5th_anniversary_03

2019年4月28日(日)・29日(月・祝)の2日間、東京・赤坂の「アークヒルズ アーク・カラヤン広場」にて、「赤坂蚤の市 in ARK HILLS ~5th Anniversary~」が開催されます。

ヨーロッパの蚤の市さながらの雰囲気を楽しめるマーケットイベント「赤坂蚤の市」の5周年を祝う特別企画。毎月第4日曜日に定期開催されていますが、今回は初の2日間開催。開催時間を通常より2時間拡大し、さらに過去最大規模となる200店舗以上が軒を連ねます。

2日間それぞれでテーマが異なり、28日は「アンティーク&ヴィンテージファッションDay」。西洋を中心としたアンティークを扱うお店のほか、「ANATOMICA」や「MHL.」などの有名アパレルブランド、「Fatima Morocco」や「BEAMS Planets」などの独自の世界観を展開する人気セレクトショップも軒を連ね、こだわりの品々はもちろん、通常の店舗では手に入らない商品に出会えます。

29日は「アンティーク&クラフトDay」。アンティークアイテムに加え、クラフト作家が手がけるアクセサリーや雑貨が集結します。

またアンティークショップ「JOGLAR」や「DOANOB」、「izaura」、「ECLECTIC USED STORE」、「RITA brocante」によるファニチャーエリアが登場。椅子やテーブルをはじめ、ドアなどの建具や店舗用什器、インダストリアルな照明などが揃うので、新生活のインテリアを揃えきれていない方にもオススメです。

思いがけない本と出合える移動式本屋「BOOK TRUCK」の出店も。そして、初出店の3店舗を含む話題の9店舗がキッチンカーで登場。予約の取れない名店の料理からスイーツ、自然派ワイン、クラフトビール、コーヒーまで、気持ちの良い野外で味わえます。

各日で出店舗が異なるため、両日来場しても飽きることがありません。アニバーサリーにふさわしい豪華な2日間をお楽しみください。

akasaka-nominoichi_5th_anniversary_04 会場には、アンティークファニチャーエリアも登場。 akasaka-nominoichi_5th_anniversary_05 かつて目黒の人気レストラン・BEARDのオーナーシェフも務めた原川慎一郎氏をはじめ、今話題の9店舗がキッチンカーにお目見えします。 akasaka-nominoichi_5th_anniversary_06 関東を中心に様々な場所に出店する移動本屋「BOOK TRUCK」が、特注のトラックに新刊書、古書、洋書、リトルプレス、雑貨などを詰め込んで赤坂蚤の市に登場します。 akasaka-nominoichi_5th_anniversary_07 好きな花でオリジナルボタニカルキャンドルを制作できる「オリジナルアロマキャンドル・サシェづくり by honeycandle」など、多彩なワークショップを開催。 akasaka-nominoichi_5th_anniversary_08 ジャンルを超えて心に響く音楽を表現する「KENKOU」が両日、ジャンルにとらわれない心に響く音楽セレクトで、蚤の市を大いに盛り上げます。 akasaka-nominoichi_5th_anniversary_09 作曲家・城隆之氏のソロプロジェクト「no.9」と、彼が率いるバンドセットのギタリストでもあり、作曲家でもある伊藤智也氏とのギターデュオ「Tomoya Ito × no.9 Guitar Duo」は29日(月・祝)のみの演奏。

Photo:Takshi Yoshimura

赤坂蚤の市 in ARK HILLS ~5th Anniversary~

会期:2019年4月28日(日)・29日(月・祝) 10:00~18:00

※雨天決行、荒天中止

会場:アークヒルズ アーク・カラヤン広場/東京都港区赤坂1-12-32

入場料:無料

Writing:大川晶子

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

初の子ども向けのイベント! 手紙社が子どもに贈る“とっておき”が集結
「東京と世界」がテーマ! ほぼ日「生活のたのしみ展」第4回は丸の内3エリアで開催中
燕三条のつくり手が出店者「工場蚤の市」今年は65組以上が出店

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき