ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

永瀬廉の初主演映画『うちの執事が言うことには』劇場マナーCM解禁!「執事同伴でもご鑑賞いただけます」

King & Princeの永瀬廉の初主演映画『うちの執事が言うことには』(5月17日公開予定)の劇場マナーCMが、26日からの映画館での上映に先立ってYouTube上で24日より解禁された。映画上映中に誰しも気を付けなければいけないマナーはもちろんのこと、同作ならではマナーが案内されるなどユニークな内容となっている。

同作は、シリーズ累計発行部数110万部を超えるミステリー小説「うちの執事が言うことには」(KADOKAWA)を原作に、永瀬が演じる名門「烏丸家」の当主・烏丸花穎と彼に仕える新執事・衣更月蒼馬(清原翔)が烏丸家に降りかかる難事件に立ち向かうというストーリー。若き当主と仏頂面の新執事、息の合わない“不本意コンビ”が烏丸家を守るために奮闘する。

公開された劇場マナーCMでは、主従関係を結んでいる二人の掛け合いシーンを基に「携帯の電源はOFFに」「ご飲食の際は周りの方にご配慮を」などのマナーを案内。さらに「執事を呼ぶベルは鳴らせません」「執事同伴でもご鑑賞いただけます」といったユーモラスなマナーも紹介される。また、King & Princeの神宮寺勇太が演じる大学生企業家・赤目刻弥も登場し、本映像のアクセントになっている。

マナーCMの公開に合わせ、名門・烏丸家の執務室で当主・花穎、執事・衣更月、烏丸家の使用人たちが集まるシーンの場面カットも解禁。ファンの期待がさらに盛り上がりそうな気配だ。

永瀬廉の初主演映画『うちの執事が言うことには』は5月17日より全国公開予定です。JUNON(ジュノン) 最新号:2019年6月号 (2019年04月22日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。